【一時帰国の買い物】糖尿病じゃないけど、血糖値が気になるので飲んでるサプリ「Blood Sugar Manager」

一時帰国で購入した血糖値サプリBlood Sugar Manager 医療・健康・美容
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
この記事は、あくまでも個人的な体験・感想です。このコンテンツを利用して薬を服用するなどした結果、あなたがいかなる不利益を被られても当サイトでは責任を負いかねます

この週末から、日本に一時帰国している。

 

メインの目的は持病の定期精密検査なのだが、せっかく帰って来るのだから、友人に会ったりおいしい日本食を堪能したり、時間があればカミさんと国内旅行をしたりと毎回短い滞在期間を目いっぱい楽しんでいる。

 

で、日本に戻ってきた時にもうひとつやるのは、チェンマイでの生活で使うさまざまなものの買い出しだ。

今はカミさんが諸事情で日本ベースでの生活になっているためほとんどの期間は一人暮らしなのだが、男の一人暮らしで、しかも日本食が恋しくなることがまったくないため、家で自炊をすることはほぼゼロだ。

そのため、チェンマイ(タイ)では入手困難な食材や調味料などを一時帰国の時に買うこともない。

どちらかというと、家庭用品や美健用品などでチェンマイ(タイ)では手に入らない、あるいは手に入るが選択肢が少なかったり質が悪くてがまんできない、東京(日本)のほうがずっと安く買える……ものが中心となる。

例えば、白髪染め(チェンマイでも購入可能だが黒か黒茶くらいしかなく、しかも値段が日本より高い)、冷凍庫消臭剤(冷蔵庫用はあるが冷凍庫用は見ない)、クイックルワイパー用ウエットシート(ドライタイプしか売っていない)、電気シェーバー用ローション(チェンマイでは見たことがない)などは、ほぼ毎回一時帰国のたびに買ってチェンマイに持って帰っているものだ。

 

そして、ほかにいつも買っているものに健康維持用のサプリメントがある。

タイはハーブ天国なので、ビッグCなどのスーパーマーケットに行くとたいていサプリメントをいっぱい並べた店がテナントとして入っており、日本に比べれば格安で購入できる。

例えば、滋養強壮に効果があると言われているクラチャイ・ダム(黒ウコン)やアンチエイジングによいと言われているサチャ・インチ(インカインチ)は、日本から見たら信じられないくらいの安い値段で簡単に買うことができるので、自分も後者は愛飲している。

ところが、こうしたチェンマイ(タイ)で安く手に入るサプリメントは、製造が簡単だからかそれともほかの理由があるのかわからないが、単一の原材料から抽出したものがほとんどで、色々な成分を配合した特定の病気予防や疾患をターゲットとしたものは見ることがないか、あったとしてもタイ以外の国からの輸入品で高価なことが多い。

なので、せっかく日本に帰って来たことだし、たいてい荷物には余裕があるので、ついでにそういうサプリも買ってしまおう、ということで上記のアイテムのように毎回調達してスーツケースに入れてチェンマイに戻るものがある。

 

それが、この「Blood Sugar Manager」というサプリだ

一時帰国で購入した血糖値サプリBlood Sugar Managerのパッケージ

 

名前の通り血糖をコントロールする効果がある。

が、別に自分は糖尿病があるわけではないし、両親も糖尿病ではない(糖尿病は体質=遺伝も大きな要因のひとつ)。

ただ、やはり日本に一時帰国した時に行っている人間ドックでは薬を飲むほどではないが血糖値が高めだと医者から言われているのと、大昔に大学病院の眼科に長期間入院していた時に糖尿病が悪化して失明してしまった人を何人か見ていて、「糖尿病はとても恐ろしい病気だ」というのがイメージとして刷り込まれているのが大きいかも。

 

この「Blood Sugar Manager」は、1日1回2錠をできれば一番炭水化物を含む食事の後に飲むのがよいとされており、2錠あたりに

 

*アルファリポ酸……250mg
*マグネシウム……200mg
*ゴーヤ抽出エキス……200mg
*ギムネマ葉抽出エキス……200mg
*シナモン樹皮エキス……100mg
*ミリセチン……100mg
*葉酸……600mcg
*ビオチン……400mcg
*ビタミンB12……375mcg
*バナジウム……200mcg

 

を主成分として含んでいる。

ギムネマは小腸での糖分の吸収だけを抑える力があり、インドでは2500年以上前から糖尿病の薬として使われていたり、ミリセチン、ゴーヤ抽出エキスには体内の血糖値調整を助ける力がある。

 

一時帰国で購入した血糖値サプリBlood Sugar Managerの錠剤

 

自分はもう3年ほどこのサプリメントを飲み続けているが、その間の人間ドックの検査では血糖値がほんの少しづつだが改善している。

 

あと、この「Blood Sugar Manager」を選んでいるのにはもうひとつ理由がある。

これを購入しているのは「iHerb.com」というアメリカの通販サイトなのだが、この会社、タイにも商品を送ってくれるのだ。

なので、もしチェンマイでの生活中に飲み切ってなくなってしまっても、追加で注文するのが簡単だ。

ただ、もともとこの通販サイトはジムでよく一緒になるアメリカ人のおじさんから教えてもらったのだが、このおじさんの話だとタイにサプリを送ってもらうとなぜか同じ商品を買ってもタイ側で関税がかかったりかからなかったりして困るらしい。

日本では、原則商品代金がおよそ16,000円を超えなければ関税や消費税などが加算されることはないので、自分は基本的に日本に一時帰国した時に購入してスーツケースに入れてチェンマイに持って来ている。

 

ちなみに、この「Blood Sugar Manager」を含め、「iHerb.com」で売っているほとんどのサプリは1年分を購入しても16,000円を超えることはないし、単純に価格を比較したとしても同じようなものを日本で買うのに比べてかなり割安だ。

 

薬ではなくあくまでもサプリメントなので、「飲まないよりマシ」程度なのかもしれないが、そうだとしても、少なくとも日本よりはるかに砂糖や油、米、麺など糖質たっぷりのタイ料理を毎日食べている自分にとっては今では欠かせないものになっている。

 

このサプリメントは、ここで買っています
iHerb

コメント

タイトルとURLをコピーしました