チェンマイを知る

チェンマイを知るチェンマイを知る

チェンマイやタイ北部関連書籍の紹介、歴史概説、インターネット上のニュースリンクなど、チェンマイやタイ北部をより深く理解するための情報

ダムロン物語

連続ノンフィクション小説 ダムロン物語~あるチェンマイやくざの人生~ 第31話~第35話 by蘭菜太郎

3月、この時ダムロンの家ではいろいろなおめでたが続いて、人の出入りが多かった。まずはダムロンの末妹、ニーパポンのにぎやかな結婚式があった。「これはちょっと約束が違うのではないか!!」と冗談半分に言いだす奴もいたくらいに……
ダムロン物語

連続ノンフィクション小説 ダムロン物語~あるチェンマイやくざの人生~ 第26話~第30話 by蘭菜太郎

翌日は、少し早目に出発して10時前にマイトリーレストランに着いた。早速釣りはじめるが、ここの釣り堀はかなり広いので、昨日とは違う池の向こう側から釣ってみようと思い立った。 小屋の並んでいるサイドは気持ちのよい芝生になっているが……
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】まんが版 チェンマイの歴史

1990年に、大学教授、教師、一般市民有志により設立されたチェンマイ都市問題研究所を母体とし、2001年に財団法人化された都市開発研究財団によって発行された、チェンマイの……
スポンサーリンク
ダムロン物語

連続ノンフィクション小説 ダムロン物語~あるチェンマイやくざの人生~ 第21話~第25話 by蘭菜太郎

翌朝10時に約束通りダムロンの家へ行くと、すでにティップが色々な差し入れを用意していた。 大半は食料品で、刑務所の……
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.9.17-9.30)

2019年9月17日から9月30日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.9.1-9.15)

2019年9月1日から9月15日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
ダムロン物語

連続ノンフィクション小説 ダムロン物語~あるチェンマイやくざの人生~ 第16話~第20話 by蘭菜太郎

クルンテープ(バンコク)との縁が切れ、チェンマイの生活が始まって一番喜んだのはティップである。 実は、ティップは15歳の時に……
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.8.16-9.1)

2019年8月16日から9月1日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
2019.09.03
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】シャムの日本人写真師

今からおよそ100年前の明治なかごろ、1890年代から1910年代にかけてタイに渡り写真館を開いた日本人たちの一生を描いた、ノンフィクション。 タイ国立公文書館で……
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.8.1-8.15)

2019年8月1日から8月15日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
ダムロン物語

連続ノンフィクション小説 ダムロン物語~あるチェンマイやくざの人生~ 第11話~第15話 by蘭菜太郎

チェンマイに住むタイ人やくざ、ダムロンの波乱万丈の一生を赤裸々に描いた蘭菜太郎さんによる連続ノンフィクション小説の第11話~第15話
2019.09.03
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.7.15-8.1)

2019年7月15日から8月1日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.7.1-7.13)

2019年7月1日から7月13日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
ニュース

チェンマイ&タイ北部ニュースリンク(2019.6.16-6.29)

2019年6月16日から6月29日にネット上に掲載されたチェンマイおよびタイ北部に関連する新聞・雑誌記事、テレビ報道などへのリンク集
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】消え去った世界 ~あるシャン藩王女の個人史~

1931年、当時のビルマ(ミャンマー)・シャン州に33あった藩王国(モン、タイ語ではムアン)のひとつ、ロックソックの藩王(ソーボア、同チャオファー)の娘として生まれ、英国、第2次世界大戦下の日本、そして戦後の……
2019.08.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました