チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイの廃寺をたずねて チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイでは、街を歩いていると崩れかけたチェディ(仏塔)や半分土に埋まった楼門が、打ち捨てられたようにたたずんでいるのをよく目にする。

タイ語では「ワット・ラーン」(วัดร้าง ワット=寺院 ラーン=捨て置く、荒れる)と呼ばれるこうした廃寺には、かつて数多くの人が訪れ、現在のワット・プラシンやワット・スワンドークのように栄華を誇っていたものもある。

ここでは市内にある観光客でも行きやすい廃寺を紹介する。

できれば朝早くか夕方に行き、静寂に包まれた中で「ワビ・サビ」にも通じるような雰囲気を味わってほしい。

きっと、それまでとはまた一味違ったチェンマイの魅力が感じ取れるはずだ。

 

チェンマイの廃寺をたずねて

アパートの駐車場の中にぽつんとチェディ(仏塔)だけが残る廃寺 ワット・ロムポー

チェンマイ市内のほぼ中心部、お堀からワローロット市場へと続くチャーンモーイ通りを100mほど行った左手にあるチャーンモーイカオ通りに入っておよそ200m進んだ左手。 ナコンピン橋からだと、市内方向へ……
チェンマイの廃寺をたずねて

典型的なラーンナー様式のチェディ(仏塔)がきれいに残っている廃寺、ワット・パーオーイ

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック門からチョータナー通り(国道107号線)を北に進み、チャーンプアック・バスターミナルがある信号のついた交差点を通り越して150mほど行くと左側にサイアムコマーシャル銀行があるが……
チェンマイの廃寺をたずねて

言われないと廃寺と気づかない!? ワット・チェディ・デーン(ナイ)

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック・バスターミナル近くのチャーンプアック・ソイ4コー(ค)にある、ほとんど原形を留めていないレンガの山のようになったチェディがのこるだけの悲惨な廃寺、ワット・チェディ・デーン(ナイ)
チェンマイの廃寺をたずねて

16世紀の書物にも登場する廃寺 ワット・チェディ・プローン

チェンマイ市内北部にある16世紀の書物にも登場する歴史ある廃寺「ワット・チェディプローン」の紹介
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました