チェンマイでのショッピング・みやげ

チェンマイでのショッピング・みやげ ショッピング・みやげ

近年の世界的なアジアン雑貨ブームに伴って、チェンマイへショッピングを目的にやってくる旅行者(特に女性)も年を追うごとに増えてきているようだ。

と同時に、そうした人たちをターゲットにした、おしゃれな雰囲気を持ったショップも市内、郊外を問わず雨後のタケノコのようにオープンしている。

しかし、チェンマイでは何ヶ所か土産物屋が集中しているエリアがあり、それぞれに特徴があるので、それをあらかじめ知っておき目的に合った場所に行けば、より効率的なショッピングが可能になる。

このコーナーではそうしたショッピングエリア、そして自分が実際に買い物をして「ここはおすすめできる」と思った具体的な店舗やあまり知られていないかもしれないお土産に好適なチェンマイグッズなどを紹介する。

 

漆器、陶磁器類、ラタン、布地……とチェンマイの名産品・特産品はさまざまで、実はクルンテープ(バンコク)で売られている土産物の多くはチェンマイ周辺で作られていて、値段も2~3割程度当地の方が安いと言われているが、周囲を山々に囲まれたチェンマイでは特に木製品作りが盛んで、それを扱う店が街なかには目立つ。

木製品に限らず、じっくり探せばきっとお気に入りの一品に出会うことができるだろう。

 

なお、買い物で注意しなければならないのは宝石類とアンティークで、よいもの(本物)を手に入れたいと思うのであればそれなりの知識が必要だ(2004年にも、サンカムペーンにあるツアーも多く訪れる大型の宝石店が、まがい物を大量に扱っていたとして警察に摘発されている)。

また、布地も手織り(手縫い)と機械ものとでは値段がまったく違うのだが、前者を手に入れたいと思うなら少なくとも一目で両者の差を見分けられるくらいの眼力は持っておきたいものである。

しかし、一般的に言って、多くの店では客をだましたり極端に値段を吹っかけてきたりすることはない。

もちろん、原則的に定価販売ではない店が多いため交渉次第で購入価格は変化するが、インドのように10倍、20倍……というようなボッタクリはないと思っていていいだろう(皆無とは言い切れないが)。

 

スーパー、デパート、ショッピングセンター

チェンマイに4店舗あるセントラル系列の高級スーパー、トップス(TOPS)

チェンマイ市内のショッピングセンターとモール内に3店舗、独立した路面店を1軒持つ、有名デパートのセントラルグループが展開する高級スーパーマーケット「トップス(TOPS)」の紹介
ショッピング・みやげ

お土産品もあり タイ王室が運営する山岳少数民族支援財団のショップ

チェンマイ市内中心部のチェンマイ大学キャンパス内ほか数店舗ある、タイ王室が設立した山岳少数民族の貧困解消を目的とした財団によって生産・管理された、お土産に好適なものを含むさまざまな産品を販売するショップ「ロイヤル・プロジェクト(ドーイ・カム)・ショップ」の紹介
スーパー、デパート、ショッピングセンター

チェンマイ最大&最高級のショッピングセンター セントラルフェステバル

チェンマイ市内北東部にある、街で最も大きくかつ最も高級なショッピングセンター「セントラルフェスティバル(通称センタンフェスティバル)」。セントラルデパートと170のショップ、60軒の飲食店で構成され、ブランド物からみやげまで何でも揃う
ショッピング・みやげ

掘り出し物が見つかるかも チェンマイ市内南部の土日ガラクタ市

チェンマイ市内やや南部で土曜日と日曜日の昼間だけ開催される、アンティーク、古い仏像や仏具、中古家庭用品や家電製品、さらには古着やキャラクターグッズ、フィギュアなどを扱う店が並ぶガラクタ市の紹介
ショッピング・みやげ

インテリアで山岳民族の布を買うなら、額装済みのほうが絶対いい

チェンマイみやげとして人気の高い山岳少数民族の布。店ではたいていただ布を積み上げて売ったりしているが、インテリアとして使うため買って持って帰るなら、重たくても額装されたもののほうがおすすめだという理由
スポンサーリンク