非バラマキ用のお土産探しにもよい、チェンマイの最高級スーパー「リムピン・スーパーマーケット」

リムピンスーパー カードファラン店 スーパー、デパート、ショッピングセンター
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どんなスーパー?

ロータス、ビッグCといったロードサイドの大型店ができる前からチェンマイにあったスーパーマーケット。

 

自分の記憶が定かではないのだが、もともとはナワラット店だけ(なので名前がリムピン=ริมปิง=ピン川の川辺、なのだと思われる)だったのがその後チャーンプアック通りのメルキュール・ホテル隣にも店舗を構え(閉店し現在はTOPSスーパーマーケットになっている)、これといった特徴もなかったのだが、企業の駐在員とその家族や長期滞在の外国人が急増した2000年前後に、彼らプラス裕福なタイ人をターゲットにした高級店に生まれ変わり大成功、さらに店舗を増やしていった。

 

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」ナワラット店

ナイトバザールから徒歩でアクセス可能なナワラット店

 

在住者の間では日本食材が豊富な店として知られており足繁く通う人も多いが、パッケージが美しくて値段も少し高いタイの食材・食品も数多く扱っているので、旅行者がバラマキ用でないお土産を探すのにも向いている。

 

なお、「リンピン」というカタカナ表記をよく見かけるが、これは正しくない。

タイ語が読める人は当然わかるだろうが、ローマ字の綴りも「Rinping」ではなく「Rimping」となっている。

 

ロケーションと個人的おすすめ店舗

現在はリムピン・スーパーマーケットとして6店舗、ほかに食料品のみを扱う小規模店舗の「リムピン・グロッサリー」が2店舗ある。

ロケーションマップはこちら

何とラオスのビエンチャンにも支店を構えている。

 

詳細な所在地は上記リンク先を見ていただきたいが、この中で旅行者が圧倒的にアクセスしやすいのは、本店であるナワラット店(グーグルマップ)とメイヤーモール店(グーグルマップ)だろう。

前者はナイトバザールから徒歩でアクセス可能だし、後者はニマーンヘミン周辺に泊っていればこちらもまた歩いて行くことができる。

時間が取れないなどでチャチャッと買い物を済ませたい場合は、この両店舗でも十分用は足りるだろう。

 

が、品揃えその他で個人的におすすめだと思うのは、街の東郊外にあるプロムナーダ店(グーグルマップ)と北郊外にあるミーチョーク店(グーグルマップ)だ。

プロムナーダ店は、おそらくリムピン・スーパーマーケットの中でも最も高級感のある店舗で、パッケージの美しいコーヒーやお米といったものからチェンマイ特産のお菓子などまで実に品ぞろえが豊富で、普通のスーパーマーケットしか見たことがない人が行ったらきっとビックリするだろう。

店舗が入っているプロムナーダ・リゾートモールは、いつつぶれてもおかしくないくらいまったく流行っておらず平日は客も非常に少ないが、リムピン・スーパーマーケットだけは非常に裕福そうなタイ人と外国人でにぎわっており、彼らの優雅な買い物の様子などを見るのもまた楽しい。

スポンサーリンク

 

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」プロムナーダ店の外観

高級感あふれるプロムナーダ店の外観

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」プロムナーダ店の米売り場

ほかのスーパーマーケットなどとはまったく品ぞろえが異なる米売場

 

ミーチョーク店はそれに比べるとやや店舗面積が狭く品揃えは劣るが、大きなモールの中にあるだけでなく、すぐ北隣にはTOPSスーパーマーケットが入っている別のショッピングモール、道路をはさんだ東隣には大型スーパーのロータスがあり、ワンストップで買い物から食事までを済ませることができるのがよい(ロータスに行くには片側4車線の道路を渡らなければならず歩いて行くのはちょっと厳しいが)。

 

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」ミーチョーク店の外観

ミーチョーク店の外観

 

東京なら成城石井か紀伊國屋スーパーという感じ

ビッグCやロータスなど他の大型スーパーマーケットとリムピン・スーパーマーケットの最大の違いは、ターゲッティングに起因するその品揃えにあると言っていいだろう。

 

前者がごくごく庶民的なタイ人を中心顧客として、多品種大量低価格販売を指向しているのに対し、リムピン・スーパーマーケットはもっぱら経済的に余裕のある層に的を絞り、彼らのニーズに合わせた輸入品やほかでは手に入りにくそうな商品を高価格で販売している。

 

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」ナワラット店の内部

ビッグCやロータスなどとは店内の雰囲気も違う

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」の肉売場

神戸牛などの和牛も扱っている肉売場

 

店舗面積は他の大型スーパーマーケットと比べるとはるかに狭く、商品の大多数を食料品が占めており、それに家庭用品が若干加わるといったカンジでアパレルは扱っていない。

食料品も前述の通り輸入品や高級品が中心で、日本料理の食材やコーヒー豆、ワイン、チーズなどもかなりのバリエーションだ。

イメージ的に言えば東京の紀伊國屋スーパーや成城石井のような店を思い描けば、それほどはずれてはいないと思う。

そういった意味では、単にお土産(バラマキ用)として大手メーカー製のタイ料理の食材やインスタントもの、お菓子などを購入したいのであれば、ロータスやビッグCのような普通のスーパーマーケットに行ったほうがいいだろうし、チェンマイ特産のお菓子やお茶などを考えているのなら、ワローロット市場やセンタン(セントラル)・フェスティバル地下のお土産物コーナーのほうが向いていると思う。

チェンマイ最大&最高級のショッピングセンター セントラルフェステバル
チェンマイ市内北東部にある、街で最も大きくかつ最も高級なショッピングセンター「セントラルフェスティバル(通称センタンフェスティバル)」。セントラルデパートと170のショップ、60軒の飲食店で構成され、ブランド物からみやげまで何でも揃う。

 

逆にそうではない、ちょっとこじゃれたものや少し高級感のあるお土産が必要なら、このリムピン・スーパーマーケットの利用価値は非常に高い。

特に、コーヒー豆とお米はパッケージのしゃれたものを多数取り扱っていて、ここ以上の品揃えの店を自分はチェンマイでは見たことがない。

 

また、将来こちらに来て日本料理の自炊をメインの食事にしたいと考えている人が長期滞在(ロングステイ)の下見をしたいのであれば、このリムピン・スーパーマーケットをはずすことはできないだろう。

 

チェンマイの最高級スーパー「リムピンスーパーマーケット」ナワラット店の日本食材コーナー

日本食の材料もたいていのものが揃う

 

国内外空港ラウンジが無料、旅行傷害保険最高5,000万円!

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました