実は2カ所に分かれているチェンマイ最大のバス発着所、アーケード・バスターミナル(周辺&構内マップつき)

チェンマイにあるアーケードバスターミナル空港、駅、バスターミナル
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

アーケード・バスターミナルとは?

チェンマイ市内北東部のスーパーハイウェイとチェンラーイへと通じるケーオナワラット通り(国道118号線)とが交わるサーンデク(子供裁判所)交差点近くにある、街で一番大きなバスターミナル。

一般的には「アーケード(英語のarcade=อาเขต)」と呼ばれているが、実は道路をはさんで昔からある「第2ターミナル」と2011年10月にオープンした「第3ターミナル」という2つの建物で構成されている。

ちなみに、「第1ターミナル」は市内中心部にあるチャーンプアック・バスターミナルのことを指す。

チェンマイ県内の街とを結ぶ中近距離バスが発着するチャーンプアック・バスターミナル(構内マップつき)
チェンマイ市内やや北部にある、主にチェンマイ県内の街とを結ぶ中近距離バスやソンテウ(乗り合いピックアップトラック)が発着するチャーンプアック(第1)・バスターミナルを構内マップつきで紹介

 

2カ所の役割分担は不明確で専用ターミナルが別にある会社も

バンコクや中部タイ、あるいはイサーン(東北タイ)方面などの長距離バスは双方のターミナルから発着しており両ターミナルの役割分担は明確にはなっていないようだが、乗合ワンボックスカーは第2ターミナルからのみの発着となっている(下記参照)。

また、ナコンチャイエアーというラグジュアリーサービスを提供するタイ人に非常に人気の高いバス会社は、第2ターミナルの裏(北)に専用ターミナルを構えているのだが、第3ターミナル内にもチケット売り場や乗り場があり、この会社のバスを使う(特にウェブサイトなどで予約した場合)時には注意が必要かも。

 

チェンマイのナコンチャイエアー専用バスターミナルの入口

チェンマイのナコンチャイエアー専用バスターミナルの内部

 

周囲には旅行者向けのサービスを提供する場所が多数

 

外国人を含め、旅行者が一番利用する機会が多いと思われる街で最大のバスターミナルだけあって、周囲にはさまざまなサービスを提供する店舗が立ち並んでいる。

7-11だけでも3店舗あるほか、食堂、バイクや自動車の預かり所、レンタルバイク屋、さらにはホテルやゲストハウスも数軒あるので、早朝深夜にこのターミナルを利用する場合でも、まったく不便に感じることはないだろう。

 

チェンマイにあるアーケードバスターミナルのそばの商店街

チェンマイにあるアーケードバスターミナルそばのレンタルバイク屋

 

外国人旅行者にとってとりわけ利用価値が高いと思われるのは、ターミナルを出て東側(第3ターミナルの並び)にある「スターアベニュー(正式名称はStar Avenue Lifestyle Mall)」というショッピングモールだ。

マクドナルドやサブウェイ、ダンキンドーナツなどの国際的ブランドの飲食店のほか日本式焼肉店や韓国料理の店、ピッツェリア、ビアガーデンまであるほか、ダイソー、リムピンスーパーマーケットも出店しているので、バスの発着までの時間つぶしには最適だと思う。

 

チェンマイにあるアーケードバスターミナル隣のスターアベニュー

スポンサーリンク

 

新アーケード(第3)バスターミナル

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナル構内マップ

 

2011年10月にオープンしたこのバスターミナルは2階建ての建物だが、バンコクのモーチット・バスターミナルとかと比較すると規模はうんと小さく、バスを探しているうちに迷子になる、といった心配はない。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルの外観

 

北側に造られた入口から中に入ると天井近くには、バスの発車案内と各プラットホームの様子を写したモニター画面が3つ並んでいる。

あらかじめ予約をしていてターミナルに到着した場合は、ここで乗り場を確認するといいだろう。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルの案内液晶画面

 

その両脇には、バスのチケット売場が並んでいる。

左手の「Green Bus」と書かれているところが、タイ北部各地へのバスのチケット購入場所だ。
このあたりでは一番にぎわっており、ブースの前にはいつも人が並んでいる。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルのグリーンバスチケット売り場

 

右手にはピンク色の看板を出した主にバンコク行きを運行しているツアーバス各社の切符売り場のブースがズラッと並んでいる。

10社以上あってどれを選んでいいか迷ってしまうが、キョロキョロしているとブースの前に立っている人や中にいる売り子が声をかけてきたりするので、その人たちの話を聞いて自分の都合のいいバスを選ぶといいだろう。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルのバンコク行きチケット売り場

 

チケット売り場のエリアの先のすぐ右手にはエスカレーターがある。

2階にはマッサージ店やカフェ、バスの乗客専用の休憩所などがあるが、何となく閑散としていて個人的にはあまり利用する気にはならない。

なお、構内をさらに先に進んだ2カ所にも階段があって、そこからでも2階には上がることができる。

 

売店やインフォメーションセンター、荷物の一時預かり所を抜けた先が実際のバス乗り場になる。

バス乗り場は1から21まであり、それぞれの乗り場の看板に番号と英語の行き先が出ている。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルのバス乗り場

 

このエリアにもなぜかバスチケット売場がポツンと独立してあり、ピサヌローク、ナコーンラーチャシマー(コラート)行きの切符などを販売している。

名前をよく見ると「ナコンチャイツアー」書かれており、上記「ナコンチャイエアー」と大変紛らわしいがまったく別の会社なので注意すること。

ちなみに、以前ナコーンラーチャシマー(コラート)まで行くのにこの会社を使ったことがあるが、バス自体にはまったく問題はなかった。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルのナコンチャイツアー切符売場

 

このエリアにはたくさんのイスが置いてあり、バスが来るまでの間の待合所も兼ねているので、手前のブースで切符を購入したらこちらに早めに来たほうがゆっくり休めるだろう。

また、構内マップには記載していないが、18番から19番乗り場あたりにかけてもイスが置かれている。

待合いエリアの周囲には、飲食物の売店、食堂、お土産物屋、有料トイレ、荷物の有料一時預かり所がある。

 

チェンマイにある新アーケードバスターミナルの売店

 

行き先によっては、飛行機のほうが安いかも。検索してみよう

 

旧アーケード(第2)バスターミナル

チェンマイにある旧アーケードバスターミナル構内マップ

 

新(第3)ターミナの北側に位置するこのターミナルは、日本の学校の体育館をひと回り大きくしたくらいの規模で、建物の中も少し暗くて新(第3)ターミナルと比較するとどことなくさびれた印象を受ける

 

チェンマイにある旧アーケードバスターミナルの外観

 

建物の前には、市内循環のミニバスとメータータクシーがたくさん止まっており、(駐車場になっている?)、中に入ると両脇にチケット売り場のブースが並んでいる。

 

チェンマイにある旧アーケードバスターミナルの構内

 

第3ターミナル同様バンコク行きのブースもいくつもあるのだが、スコータイとかタークなど中距離の行き先を掲示しているブースが目につく。

そのような場所を次の目的地としているのであれば、こちらのターミナルを先に見てみるというのもいいかもしれない。

ほとんどのブースは、扱っているバスの行き先と出発時間を英語で掲出しているほか、中にいる売り子によっては呼び込みもしている。

 

チェンマイにある旧アーケードバスターミナルの切符売場

 

また、地図を見ていただければわかると思うが、こちらのターミナルからはラムパーンとメーホンソーン行きの乗合ワンボックスカーが出ている。

これらを利用したい場合は、新(第3)ターミナルではなくこちらを目指すこと。

ラムパーン行きの乗り場はターミナルの建物を入ってすぐの左側でわかりやすいが、メーホンソーン行きの乗り場はターミナルの建物をまっすぐ進んでいったん外に出た先にあって少しわかりにくい。

 

チェンマイにある旧アーケードバスターミナルのラムパーン行きワンボックスカー

ラムパーン行き乗合ワンボックスカー

チェンマイにある旧アーケードバスターミナルのメーホンソーン行きワンボックスカー

メーホンソーン行き乗合ワンボックスカー

 

ちなみに、こちらのターミナルの待ち合いスペースは人が少なくてたいていイスはガラガラなので、時間に余裕があって新(第3)ターミナルが混み合っている場合はこちらに来て座って待つ、という手もある。

数は少ないが、こちらのターミナルの建物内にも売店がある。

食堂ははないが、建物の裏手(ナコンチャイエアー専用ターミナルの並び)に10軒ほどの飲食店が並んだ一角があるので、そこで食事を取ることができる。

バスターミナルや飛行場、駅での待ち時間や移動中はダウンロードしたコミックを読む 

 

バスターミナルから市内へ

バスターミナルは、ターペー門からだと3kmちょっとある。

歩こうと思えば歩けない距離ではなく、実際にケーオナワラット通りをバックパックを背負って歩いている旅行者を時たま目にすることがあるが、決して歩いていて楽しい道ではなので個人的にはおすすめしない。

 

市内への移動は、おそらくはソンテウ(乗り合いピックアップトラック)かトゥクトゥクを使うのが一般的だろう。

ドライバーはターミナルの建物の中での客引きが禁止されているので、仮にバスを降りてすぐに何か言ってくるような人がいても相手にしないほうがいい。

両バスターミナルとも、建物のすぐ脇にそれらのたまり場があり、近くまで行くとドライバーが声をかけてくると思うので乗り込むのが手っ取り早いだろう。

 

チェンマイにあるアーケードバスターミナルのソンテウ

チェンマイにあるアーケードバスターミナルのトゥクトゥク

 

それ以外にも第3ターミナルの正面出口を出たところには市内行きのタクシーの客引きがいたり(パウチされた紙を掲げて誘ってくる)、両ターミナルの真ん中を走る道路沿いにもソンテウとトゥクトゥクが客待ちをしている。

こういう場所の常ではあるが、ドライバーの中には料金をふっかけてきたり自分がコミッションを受け取ることができるところに無理やり案内しようとしたりする輩がいないとも限らないので、ソンテウ(乗り合いピックアップトラック)に乗るのであれば「市内まで1人30THB」という英語の看板を出している場所(ターミナルの敷地内)から乗るのがいいだろう。

トゥクトゥクは料金交渉制なので、よく相手の言っていることを確認して、自分自身が納得してから乗り込もう。

 

また、新(第3)ターミナルのメインの待合いスペースには市内行きのタクシーを手配するカウンターがある。

このあたりのプラットホームに着いて、値段を気にせず手っ取り早く目的地まで行きたい、という場合は利用するといいだろう。

 

チェンマイにあるアーケードバスターミナルのタクシーカウンター

 

旧(第2)ターミナル前には、小型の市内循環バスが止まっている。

料金は安いが、本数が少なくルートが決まっているためホテルなどの目的地まで直接行くことはできず、結局最後は歩くことになる。

正直言って、いくら安くても利用価値はないと思う(こんなところでケチケチするより、ほかに節約できる場所はたくさんある)。

 

なお、両ターミナルともあちらこちらに「UberとGrabは違法!」と書かれた掲示が出ている。

実際にこれらを利用した乗客および運転手が空港やバスターミナルでソンテウ(乗り合いピックアップトラック)のドライバーたちから集団で暴行を受ける事件などが頻繁に発生しているので、利用しないほうがいい(空港やバスターミナル、駅以外では問題発生は少ない)。

 

チェンマイにあるアーケードバスターミナルのGrab禁止掲示

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました