絶対おすすめレストラン

チェンマイ料理の食べられる店

遺跡群の中にある雰囲気も味も抜群のチェンマイ料理レストラン「ローン・カーオ・ラム(Lanna Rice Barn)」

チェンマイ南部郊外、今のチェンマイができる前、2年間だけ王都が置かれていたエリアの遺跡群「ウィアン・クムカーム」の中に2015年にオープンした、ホテルも併設されたチェンマイ料理レストラン。 店の雰囲気も料理の味も抜群だが……
2019.07.10
その他タイ料理の店

裕福でオシャレな若者に大人気、お米をテーマにした創作タイ料理レストラン「ミーナー・ライス・ベイスト・キュイジーヌ」

チェンマイ東部郊外にある、チェンマイの裕福でオシャレな特に若い人たちの間で最も人気のあるレストランのひとつ。 店名をカタカナで記すとピンと来ないかもしれないが……
その他タイ料理の店

ピン川沿いのレストランの中でも眺めはピカイチ!店内の雰囲気も抜群なタイ料理レストラン「ラック・ターナム」

チェンマイやや南部郊外のピン川右岸沿いにある、どちらかといえば高級なタイ料理レストラン。 もともとは同じピン川右岸のずっと上流に位置するメンラーイ橋のすぐ近くで長らく営業していたのだが……
その他タイ料理の店

「激辛自家製唐辛子に注意!」と掲示があるバミートムヤム(辛味スープの中華麺)がうまい ティーレック

チェンマイ市内やや北部の、長期滞在者は多く住んでいるがあまり旅行者が来るようなことはないであろうサンティタムというエリアの北はずれにある、見た目にはごくごく普通の小さなクエティオ(麺)屋。 だが、……
タイ料理以外の店

カーオパット(炒飯)が抜群においしい! 大衆中華食堂「ティパロット(味露飯店)」

カーオパット(炒飯)が抜群においしい、チェンマイ市内やや北部にある大衆中華料理レストラン。 オープンエアの飾り気のない店内で値段も非常に安く……
ピサヌローク

プレーとウッタラディット県境の峠道にある絶景のカオプルン・パーキングエリアでのランチ

義姉夫妻がチェンマイに来た。 1週間ほどの滞在であるが、年に1度の恒例行事であり、ずっとチェンマイにいても飽きるのでこの数年は北タイのほかの地域に旅行に出ている。 で、今年は……
チェンマイ料理の食べられる店

チェンマイの隣街にある築150年の古民家北タイ料理レストラン「フアン・チャイ・ヨーン」

チェンマイ市内中心部から南東におよそ15km、隣町のサンカムペーンのはずれにある、築150年の古民家を移築して店としている、北タイ料理レストラン。 バンコクなどから来るタイ人旅行者の間では……
その他タイ料理の店

なぜか本店よりおいしく感じる市内北西部のカーオマンガイ「クリット・オーチャー」支店

街の西北部、日本人の長期滞在者も多く住むと言われているサンティタム地区の中心とも言える5叉路のすぐ近くに2006年頃オープンした、カーオマンガイ(タイ式海南鶏飯)の人気店。 店の看板には……
その他タイ料理の店

チェンマイの裕福でオシャレな人達に大人気のオーガニック野菜創作タイ料理レストラン「オーカチュー」

チェンマイに2店舗を構え裕福で流行に敏感な人々の間で絶大な人気を誇り、ついにはバンコクのど真ん中にも支店を出した自らの農園で栽培したオーガニック野菜を使ったフュージョン(創作タイ)料理レストラン「オーカチュー」の紹介
その他タイ料理の店

チェンマイ市内北部の市場の中にある生血スープの牛肉煮込み乗せ麺が絶品の店

チェンマイ市内北部の日本人長期滞在者が多く住むエリアでもあるタニン市場の中にあるセンレクナムトクヌアトゥン(牛肉煮込み乗せ生血スープの米細麺)が絶品の麺(クエティオ)食堂「シンブリーロットデート」の紹介
タイ料理以外の店

旅行者もアクセスしやすい一軒家高級イタリアン ダ・アントニオ

東京で食べたらいったいいくらになる!? ちょっと贅沢に食事したい時、あるいは記念日ディナーといった時には特におすすめのチェンマイ市内中心部にある、一軒家を改造したおすすめの高級イタリア料理レストラン「ダ・アントニオ」の紹介
清邁甘味天国(ChiangMai Sweet Paradise)

豆腐屋がやってるから味が違う! 夜だけ出る市内北東部の豆乳屋台

チェンマイ市内北東部のケーオナラワット通り沿いに夜だけ出るおすすめ豆乳屋台の紹介。 実家が豆腐屋というだけあって素材が違うのか抜群の味で、自分の友人の子供はここ以外の豆乳を飲まなくなってしまったというくらい。
2019.01.28
チェンマイ料理の食べられる店

タイ人の間では非常に有名で味が抜群のチェンマイ料理レストラン「ラムディー・ティー・クワデーン」

チェンマイ北東部郊外の第2環状道路(国道3029号線)沿いにあるタイ人の間では非常に有名で大人気のチェンマイ料理レストラン、ラムディーティークワデーン(Lumdee Te khuadang)の紹介
2019.07.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました