サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

チェンマイでは珍しい極細中華麺が美味! メーチャン・ミーキヨウ・ホーンコン(珍婆婆香港美食店)

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店タイ料理以外の店
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どんなお店?

チェンマイ市内中心やや南にある、香港式の麺(ミー=หมี่)とワンタン(キヨウ=เกี๊ยว)を中心に、ご飯類やお粥も出す食堂。

中には「ゴムのようだ」という人もいる独特な食感の香港式極細中華麺(たぶん自家製)にエビワンタン、ペットヤーン(焼き鴨)などの具をセットした各種ヌードルはどれも非常に完成度が高いほか餃子もかなりイケるので、自分はセットでいただくことが多い。

もともと人気の高い店だったのだが、最近はフードパンダ(デリバリーサービス)を利用して注文する人も多く、店の前にはそのバイクがずらりと並んで止まっていて店員たちがてんてこ舞いの時も多くなった。

チェンマイの麺類の店としてはかなり値段が高い部類に入るが、間違いなくそれだけの価値がある店だ。

 

ロケーション

店は、土地勘のあまりない旅行者でも行きやすい場所にある。

お濠の南辺外側のチャーンロー通りを東から来て中国領事館を通り越すとすぐにスワンプルン門があるので、そこを左折してティパネット通りに入り300mほど進んだ右手、あるいはエアポート交差点からティパネット通りを北上して来たら、ウアラーイ通りとの分岐(Y字路)を直進して400mほど行った左手になる。

道路沿いに大きく漢字で「珍婆婆香港地道美食店」と書かれた看板が出ているのですぐにわかだろう。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の看板

 

ちなみに「地道」は「本物の」というような意味だ。

 

住所:90 Thipanet Road
TEL:093-1981523

 

英語・漢字併記の注文票でオーダーは簡単

店は、木造一軒家(自宅?)の通りに面した庭とテラスのような部分と一部建物の中に造られている。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の外観

 

店の中に入ると正面が小さなキッチンになっており、左手のテラスのようなエリアと奥の建物の中に席が設けられている。

 

 

結構席数はあると思うのだが、それでもお昼時、早い時は11時前から13時過ぎまでは満席になってしまうことがほとんどだ。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店のテラス席

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の屋内席

 

注文は、テーブルの上に置かれている料理が書かれた紙に数を記入して出す。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の注文票

 

ただし、客が少ないと店員にいきなり「何にする?」と聞かれることもある。

その場合は、店内の柱とかに貼ってある写真を見て注文してもいいだろう。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店のメニュー

 

注文票に記載されている料理は全部で18種類、値段は60THBで均一となっており、英語と中国語(繁字体)併記なのでタイ語ができなくても頼みやすい。

ただし、気をつけなくてはならないのは雲吞(ワンタン)麺、叉焼(チャーシュー)麺、焼肉(上に乗ってくるのは実際には焼いた肉ではなくムークローブ=カリカリに揚げた豚バラ肉)麺、焼鴨(ローストダック)麺の4種類だけはスープありかスープなしかを指定する必要がある

料理名の脇にチェックボックスがあり、スープ入りには英語で「Soup」と書かれているがスープなしはなぜかタイ語表記しかない。

なお、スープなしを頼んでも麺とは別にお椀に入ったスープがついてくる

また、サイドディッシュとしては腸粉(米粉の柔らかな皮に具を入れて巻いてから蒸したもの)、餃子、叉焼(チャーシュー)、焼肉(カリカリに揚げた豚三枚肉)がある。

以前はさらに点心が焼売(シュウマイ)、蝦餃(エビワンタン)、鳳爪(鶏の脚先(もみじ)の醤油蒸し煮)の3種類あったのだが、現在はやめてしまったようで壁に貼ったメニューには大きくバツ印がつけられている。

スポンサーリンク

 

まずは麺とワンタンだが、餃子もイケる

基本的に何を食べてもおいしいが、もし初めて行くのであれば店の名前にもなっている麺(ミー=หมี่)とワンタン(キヨウ=เกี๊ยว)ははずせないところだろう。

そして、これをいっぺんに食べようとするならば、必然的にオーダーは注文票の一番最初に出ているワンタン麺(バミーキヨウ=บะหมี่เกี๊ยว)」ということになる。

 

麺はすごく細くて縮れていない幼麺が使われており、ほかの一般的なタイ式の麺類の店で食べるのとはまったく別のものだ。

細いのにしっかりとした噛みごたえがあり小麦粉と卵の風味もしっかりと感じられる麺はいつ食べてもすばらしいと思う。

ワンタンには小ぶりのエビが丸ごと一尾入っていてそのプリプリとした食感とワンタンのちょっともっちりした舌触りがこれまた何とも言えないハーモニー作り上げている。

ワンタン麺は、スープあり・なしどちらにしてもいいと思う。

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁ありワンタン麺

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁なしワンタン麺

 

これ以外、ということであれば、極細麺を楽しむにはスープありよりもなしのほうが個人的にはいいように思う。

中でも、特におすすめは焼鴨麺(バミーペットヤーン=บะหมี่เป็ดย่าง)だ。

 

チェンマイの香港麺食堂メーチャンミーキヨウホーンコンの汁なし焼き鴨麺とスープ

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁なし焼き鴨麺

 

焼き鴨は自家製ではないと思われるが、柔らかな皮としっとりとしていながら肉の食感もしっかりと楽しめる身の鴨と麺の取り合わせは、いつ食べても一瞬ボ~ッとしてしまうくらいのおいしさだ。

鴨自体はそのまま食べるとわずかな甘みが感じられる程度なのだが、テーブルの上に置かれている酢漬けの唐辛子を少し振りかけるとその風味がより一層引き立てられると思う。

上記の通り、スープなしで頼んでも小椀に入ったものがついてくるので、それを時々麺にかけながら食べてもよい。

 

他の麺料理もどれもおいしいので、写真で紹介する。

 

スープなし焼肉麺(実際には豚バラ肉のカリカリ揚げ)チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁なし焼肉麺

 

スープあり焼肉麺(同上)チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁あり焼肉麺

 

スープなし叉焼麺
チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の汁なし叉焼麺

 

炸醤麺(ジャージャー麺)
チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店のジャージャー麺

 

また、個人的には麺に加えてキヨウサー(餃子=เกี๊ยวซ่า)もぜひ試してみてほしい

 

チェンマイの香港麺食堂珍婆婆香港美食店の餃子

 

少し小ぶりだが、ほどよい厚さの皮にくるまれた餃子はいつ食べても焼き面がいい具合のキツネ色になっていて、しかもパリパリに仕上がっていて完成度が抜群に高い。

近年、日本食ブームとも関係があるのかチェンマイでは「餃子(キヨウサー)」という看板を掲げた店が、ちゃんとした店から屋台までそれこそ星の数ほどあるがほとんどの場合は揚げになってる。

その点、日本人が好む焼き餃子ということで言えばチェンマイ市内で今までこの店以上のできばえのものに出会ったことがない。

これが、自分が足繁く通う大きな理由のひとつになっている。

 

激混みのお昼時は避けたほうがいいかも

店は年中無休で営業時間は7時から21時と朝昼夜いつでも食べられるのだが、やはり圧倒的にお昼時がにぎわう。

その時間帯の店内は、客のものすごい大きな声の中国語が飛びかいとても落ち着いて食事などできたものではない時も多いので、日中行くなら11時半より前か1時半過ぎがいいと思う。

1品の量はそれほど多くはないが、麺と餃子を食べると結構お腹がいっぱいになるので、自分は朝食をコーヒーだけにしておいて10時半ごろ店に行き、ブランチがわりにこの2品を頼むことが多い。

 

タイ式の普通のバミー(中華麺)に飽きたとか物足りない、という時には特におすすめだ。

 

VISAクレカとして使えキャッシングもできる海外専用プリペイドカード

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました