サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

一味違うチェンマイ旅行

ラムプーン県

【ラムプーン】いかにもタイ! 戦争で死んだ王家の象と馬を供養する墓塔「クーチャーン・クーマー」

チェンマイから南に30kmほどのところにある、かつてはモン族のハリプンチャイ王国が栄えたチェンマイより古い歴史を持つ古都ラムプーン。 その街のやや北部にあるこじんまりとした小さな塔が……
あなたの知らないチェンマイ

「チェンマイで一番美しい仏像」と言われるプラチャオ・ガオトゥーは有名寺院の片隅にひっそりとたたずんでいる

大学生になるまで10年近くチェンマイ旧市街の有名寺院ワット・プラシンで寄宿生活を送っていたという仏教に詳しい自分のタイ語の先生によれば、タイ国内にある寺院は全部で3万くらいだそうだが、そこに安置されている本尊の仏像も……
チェンマイ近郊のプチドライブコース

ラムプーンへのデイトリップでおすすめ! チェンマイ市内からピン川右岸沿いの道をひたすら下るプチドライブコース

チェンマイ市内中心部のナイトバザールからチャーンクラーン通りをひたすら南に下って、ピン川右岸沿いを走る道を使って30km南にある街ラムプーンへの向かうプチドライブコース。 ラムプーンはチェンマイからの日帰り小旅行先として……
チェンマイ県南部

チェンマイから60km、子年生まれの人の護寺&瞑想道場として有名な「ワット・プラタート・シーチョームトーン」

チェンマイから南西におよそ60km、国道108号線をひたすらまっすぐ行ったチョームトーンという街にある、子年生まれの人の護寺として有名なだけでなく、カオパンサー(入安居)の時にお参りする寺院として……
2020.01.06
チェンマイ料理の食べられる店

“チンホー(隊商雲南人)伝統の味”のカオソーイって何だ!? 自家製の生麺が抜群の「カオソーイ・ブンユン」

チェンマイの南部はるか郊外、ラムプーンとの県境に近いサーラピーという街の国鉄線路沿いにある、「チンホー(馬に乗った中国人=隊商雲南人)伝統の味」がウリのカオソーイの店。 記事のタイトルでは「カオソーイ・ブンユン」としているが……
仏教行事・イベント

オシャレなハンディクラフトイベント「Tonyon On Craft Street」に行ってきた

チェンマイ東部郊外、土産物店が並ぶボーサーンやサンカムペーンへと向かう国道1006号線を途中からかなり奥に入ったところにある、チェンマイの裕福でオシャレな特に若い人たちの間で最も人気のある隠れ家的レストランのひとつ……
2020.01.06
その他タイ料理の店

店の人の愛想はひどく悪い。でも味がすばらしいので通ってしまう「カーオモックガイ・ライラー」

チェンマイ市内やや南東部の細い路地を入った奥にある、人気のカーオモックガイ(タイ式ビリヤニ=インド炊き込みご飯)の店。 店は、もともとバンコクの大学の先生が……
2020.01.06
あなたの知らないチェンマイ

歴史好きは必見! 今のチェンマイができる前、2年間だけ王都があったエリアの遺跡群「ウィアン・クムカーム」

一般的に言って、チェンマイの歴史はタイ暦1839年(西暦1296年)にマンラーイ王が当地に都を建設したところから始まるとされており、ガイドブックなどにもそう書かれていることが多いが、実はその2年前に彼が……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ市内北部にある、美しい仏塔と井戸が残る廃寺「ワット・チェディ・デーン(ノーク)」

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック門からチェンダーオ、ファーン方面へと続くチャーンプアック通り(国道107号線)を門から北に800~900m行った右手にある廃寺。 寺院の名称は……
チェンマイの廃寺をたずねて

チャーンプアック・バスターミナルの中にあるチェンマイらしい廃寺「ワット・ファン・サート」

チェンマイ市内やや北部にある、チェンマイ県内の街と間を結ぶ中近距離バスが発着するチャーンプアック・バスターミナルの中にあるという、ユニークな廃寺。 文献にはまったく登場せず……
スポンサーリンク
Ganeshをフォローする
タイトルとURLをコピーしました