サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

ベトナム航空VN603便バンコク→ホーチミンシティ ビジネスクラスのシートと機内食

ベトナム航空VN603便ホーチミン行きビジネスクラス空港・航空機材・機内食
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
この記事は、旧サイトにアップしていたのを改訂・移設したものです

市内の旅行会社で割安なベトナム航空を予約

今回の日本への一時帰国では、ベトナム航空を利用した。

 

一時帰国の時に限らず、自分がチェンマイで航空券を探す時はいつも

(1)検索比較サイトのスカイスキャナーで、利用できるキャリアと価格をチェックして候補を抽出

(2)候補の航空会社の公式サイトで価格とともに運行機材・シートなどをチェック

(3)市内の旅行会社で価格をチェック

というプロセスを経てこの3か所のどこで何航空の航空券を購入するかを最終的に決めている。

スカイスキャナーは、よく航空会社の公式サイトよりも安い価格で出ていることもあるのだが、単なる比較サイトなのでかなりいい加減なエージェントが出ていることもあるようで、利用する時にはあらかじめ評判などをチェックしたほうがいい。

航空会社の公式サイトはまず第一に安心だし、そのキャリアのマイレージ会員になっていればログイン後にチェックすると価格が下がることも多い。

また、為替レートの関係だろう、ウェブサイトで提示される航空運賃が日々刻刻と変化していくのでタイミングも重要かもしれない。

インターネットの時代にあって実際に利用する人は少ないと思われる旅行会社だが、航空会社が特別に(=オープンにしたくない)プロモーション・チケットを出していることがあり、ちょっとリサーチというつもりで店頭に行ったにもかかわらず、驚くようなお得なオファーをされてその場で購入を決めてしまったことが何回もある。

 

で、今回はチェンマイ・バンコク間の国内線も含めすべてのフライトの航空券をチェンマイ市内の旅行会社で購入した。

というのも、バンコク・東京成田間をベトナム航空で飛ぶとチェンマイ・バンコク間の国内線のタイ国際航空のビジネスクラスがTGのウェブサイトで買うより1,000THB以上安くなるというオファーを受けたからだ。

ベトナム航空はスカイチーム、タイ国際航空はスターアライアンスで同じアライアンスに所属しているわけではないし、何か特別なプロモーションでもあるのか、詳しくは聞かなかったので理由はわからないのだが。

 

何はともあれ安くなるのは大歓迎だ(笑)

 

ベトナム乗り継ぎはハノイとホーチミンが選択可能

ベトナム航空でバンコクから日本に向かう場合、当然のことながらベトナムで乗り継ぎが必要になる。

乗り継ぎの都市はハノイとホーチミンシティどちらでも選択可能で、ハノイ経由のほうが若干総所用時間は短くなるのだが、ベトナム・日本間で使用されているボーイング787-9型機に長く乗っていたい(というか、今回紹介するタイ・ベトナム間で使われているA321型機に長く乗りたくない)ので、自分はホーチミンシティ経由を利用している。

実はこのブログにはアップしていないのだが、前回の一時帰国もベトナム航空を利用しているので、ベトナムでの乗り継ぎの手順などもわかっているというのも気楽だし。

 

ベトナム航空VN603便はバンコク・スワンナプーム空港を19時半に出発するので、チェンマイを15時半ごろに出るTG111便を利用するのが最も簡単だ。

チェンマイ空港の国際線ターミナルでチェックインすれば荷物は成田までスルー、ボーディングパスも全区間発券してくれるのであとは飛行機に乗るだけでよい。

ちなみに、バンコクのスワンナプーム空港にはベトナム航空は自前のラウンジは所有していないので、 PriorityPass でも利用できる「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」に滞在する。

バンコク・スワンナプーム空港コンコースG「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」レビュー(2019年11月)
タイの首都のバンコクのスワンナプーム空港コンコースGにあるプライオリティパスでも利用できる「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」利用レビュー(2019年11月)

 

この時も、毎度のことながらTG(タイ国際航空)のバンコク・スワンナプーム行き国内線がディレイして17時すぎに到着、ラウンジで1時間半ほど時間をつぶしたのちホーチミンシティ行きの便に乗り込んだ。

 

短時間のフライトだがしっかりとした食事が出る

バンコク・スワンナプームからホーチミンシティまでのVN603便は、通常エアバスA321型機が使われている。

ビジネスクラスのキャビンはこんな感じ。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスのキャビン

 

この日は、全16席のうち6席しか埋まっていなかった(前回は満席)。

ベトナム航空のA321型機は短距離専用で、シートは思いっきり旧型だ。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスのシート

 

一応フットレストもついてはいるが、正直使用に耐えない。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスのフットレスト

 

飛行時間がチェンマイ・バンコク間とほとんど変わらない1時間15分程度なので、ノンビリと足を乗せてシートを倒して……という暇もないのであまり関係ないのだが。

 

しかし、飛行時間は短いが、国際線ということもありしっかりフルサービスが提供される。

 

まずは、搭乗直後のウエルカムドリンク。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出たウエルカムドリンク

 

この日はラウンジで結構アルコールを飲んでしまったのでオレンジジュースにしたが、もちろんシャンパンも用意されていた。

 

食事はさすがにワンプレートでサクッと提供だ。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出た機内食全景

 

メニューはなく、キャビンアテンダントからメイン2種類を乗せたトレイを転がしてきて選択肢が告げられ選ぶ、というスタイルだ。

左下の何もない皿には、あとでパンが乗せられる。

 

この日はビーフヌードルをチョイスした。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出た機内食のメインディッシュ

 

チェンマイ・バンコク間のTG(タイ国際航空)のロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)でも麺は時々出るのだが、かかっているソースも麺そのものもそれよりはるかにこちらのほうがレベルが高いと思う。

ソースも見た目は脂っこくて辛そうだが、ぜんぜんそんなことはない、というかむしろあっさりした印象を受けた。

 

ウエルカムドリンクでは遠慮したが、やはり食事の時はワインを飲んでしまった。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出たワイン

 

そうこうしているうちに、パンもサーブされる。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出た機内食のパン

 

この単距離路線にもかかわらず、4種類バスケットに入れて持って来てくれた。

しかも、これまたTG(タイ国際航空)やCX(キャセイパシフィック航空)のバンコク発の便で出されるパンよりもはるかにおいしいのだ。

さすが、フランスの植民地だった国、ということだろうか。

もっとも、この後ホーチミンシティの空港ラウンジでフォー(ベトナム米麺)を食べたいので、ひとつだけでがまんしたのだが。

 

フルーツは残念ながら少しパサついていた。

 

ベトナム航空VN603便ビジネスクラスで出た機内食のフルーツ

 

最後にもちろんコーヒーも出てくる。

 

ベトナムと言えばコーヒーで、自分も何回かのベトナム旅行で飲んだコーヒーがいずれもおいしかったので楽しみにしているのだが、どういうわけかベトナム航空の機内で出されるコーヒーはおいしくない。

っていうか、たぶんインスタントだ。

これだけは、いつも「もう少し何とかしてほしい」と思ってしまう。

 

食事が終わるか終わらないかのうちに、機体は降下を始める。

ホーチミンシティの街灯りを眼下に眺めながらタンソンニャット空港に着陸だ。

 

ベトナム航空VN603便の機内から見たホーチミンシティの夜景

 

ホーチミンシティのタンソンニャット空港にはほぼ定刻に着陸した。

到着ターミナルからトランジットエリアに移動したら荷物検査など所定の手続き(ハブ空港ではないので5分とかからない)を経て出発ターミナルに移動、ラウンジで3時間ほどの待ち時間の後、ちょうど日付が変わった午前0時過ぎに東京成田行きに搭乗となる。

 

チェンマイから東京までの長い移動のようやく半分ほどが終了だ。

 

スカイスキャナーで航空券比較検索

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました