サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

ベトナム航空VN300便ホーチミンシティ→成田 ビジネスクラスの機内食(離着陸動画つき)

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスの機内空港・航空機材・機内食
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今回の一時帰国では、タイ(バンコク)と日本(東京・成田)間をベトナム航空で飛んだ。

 

一時帰国の時に限らず、自分がチェンマイで航空券を探す時はいつも

(1)検索比較サイトのスカイスキャナーで、利用できるキャリアと価格をチェックして候補を抽出

(2)候補の航空会社の公式サイトで価格とともに運行機材・シートなどをチェック

(3)市内の旅行会社で価格をチェック

というプロセスを経てこの3か所のどこで購入するかを最終的に決めている。

スカイスキャナーは、よく航空会社の公式サイトよりも安い価格で出ていることもあるのだが、単なる比較サイトなのでかなりいい加減なエージェントが出ていることもあるようで、利用する時にはあらかじめ評判などをチェックしたほうがいい。

航空会社の公式サイトはまず第一に安心だし、そのキャリアのマイレージ会員になっていればログイン後にチェックすると価格が下がることも多い。

インターネットの時代にあって実際に利用する人は少ないと思われる旅行会社だが、航空会社が特別に(=オープンにしたくない)プロモーション・チケットを出していることがあり、ちょっとリサーチというつもりで店頭に行ったにもかかわらず、驚くようなお得なオファーをされてその場で購入を決めてしまったことが何回もある。

 

今回も上記手順を踏んで、機材やサービス、価格などを総合的に判断してベトナム航空のウェブサイトで購入することにした。

 

チェンマイからバンコクに国内線で移動し、スワンナプーム空港のベトナム航空カウンターでチェックイン、ラウンジでひと時を過ごした後、約1時間のフライトでホーチミンシティのタンソンニャット空港に到着、再びラウンジで2時間ほどを過ごした後、東京成田行きに搭乗した。

バンコク・スワンナプーム空港コンコースG「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」レビュー(2019年11月)
タイの首都のバンコクのスワンナプーム空港コンコースGにあるプライオリティパスでも利用できる「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」利用レビュー(2019年11月)
ベトナム航空VN606便バンコク→ホーチミンシティ ビジネスクラスのシートと機内食(離陸動画つき)
ベトナム航空VN606便バンコク・スワンナプーム発ホーチミンシティ行きのビジネスクラスのキャビンやシート、機内食などのレビュー。スワンナプーム空港の夜間離陸時の動画もあり
新たに1階がオープン! ホーチミン空港 ベトナム航空ロータスラウンジ2 レビュー
ベトナムのホーチミンシティ・タンソンニャット空港国際線ターミナル1階にあるベトナム航空ロータスラウンジ2の座席や飲食物のレビュー

 

チェンマイの自宅を朝9時頃に出て、タイとベトナムの間には時差がないとはいえ搭乗したのは午前0時を回っておりかなりお疲れ気味だが、あと一息がんばらなくては……

 

この日のVN300便東京成田行きは、バンコクからホーチミンシティへの便と同じエアバスA350-900型機での運航だ。

ボーイングのドリームライナー(787型機)とよく比較される機材だが、個人的にはこちらのほうが飛行中の音が静かで乗り心地もいいような気がする。

 

この機材もまだ導入してからそれほど時間がたっていないようで、キャビン内は新しかった。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスのキャビン

 

コンフィグレーションは1-2-1で、シートが斜めに配置されているリバース・ヘリンボーン型になっている。

成田に着くのは朝8時少し前なので、窓から朝日が差し込んでまぶしくならない進行方向左側のシートをアサインしておいた。

過去にも何回かこの便に搭乗したことがあり、その時はいつもビジネスクラスの乗客は10人いるかいないか、という感じだったのだが今日はほぼ満席だった。

近年日本ではベトナム旅行の人気が高まっているらしいのだが、そういう影響もあるのだろうか?

 

しかし、これで離陸してしまえばあとは寝ていれば日本だ。

なので、ウエルカムドリンクもシャンパン(Heidsieck&Co Monopole)をいただく。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たシャンパン

 

この機材、というかソロシートの場合はそうなのだが、離陸する前から足を伸ばしてリラックスできるところがよい。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスのシート

 

バンコクからホーチミンシティへの便ではメニューが配られず口頭でメインディッシュを告げられてチョイスしたが、さすがに成田行きの便ではちゃんとしたメニューが配られた。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで配られたメニュー

 

食事は朝食となり、和食か洋食&アジアンからチョイス、それぞれメインディッシュは2種類用意されていたので合計4種類の中から選ぶようになっていた。

 

搭乗機は、ほぼ定刻にホーチミンシティ・タンソンニャット空港を離陸。

 

ベトナム航空の機内から見たベトナム ホーチミンシティ・タンソンニャット空港離陸

 

東南アジアから日本に向かう多くのキャリアでは、ナイトフライトの時には朝食がメインであっても離陸後にスナックや軽食のサービスがあるものだが、飛行時間が5時間ちょうどと短いせいもあるのだろう、ベトナム航空ではすぐに消灯となる。

しかし、疲れているとはいえそうすぐには眠れないもので、フライト状況のモニターをぼんやりと眺めているうちにようやく眠りに落ちた。

 

ベトナム航空エアバスA350-900型機のフライト状況モニター

 

結局2時間くらいであろうか、ぐっすりというにはほど遠い感じの睡眠を取った後で機内の照明が点灯され、起されてしまった。

 

朝食の開始である。

 

まずは、暖かいおしぼりとオレンジジュースでお目覚めというところだろうか。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たおしぼり

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たオレンジジュース

 

自分は、機内食はたいてい搭乗しているキャリアの国の料理をリクエストする。

ので、今回はメインディッシュはベトナム料理だ。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出た朝食全景

 

メインはフォ・ーボー(ベトナムビーフルードル)。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たフォーボー

 

付け合わせはもやしとライム。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たフォーボーの付け合わせ

 

味は、ベトナムの街なかはもちろん、これに搭乗する前にラウンジで食べたフォーボーにも及ばなかったけれど、自分はめったに食べる機会がないのでおいしくいただいた(^^)

 

ほかに出たのは、季節のフルーツとヨーグルト・パパイヤソース。

 

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たフルーツ

ベトナム航空VN300便成田行きビジネスクラスで出たヨーグルト

 

食後はやはりコーヒー、ということなのだが、ベトナム航空はなぜかコーヒーがインスタントかカプチーノしかない(路線によってはこれにエスプレッソが加わる)。

自分はカプチーノをもらったけれど、これもインスタントなのかかなり甘くてダメだった。

お茶系はベトナム緑茶や日本茶、紅茶(イングリッシュブレックファーストやアールグレイ)にハーブティーなどもあるようなので、そちらをオーダしたほうがよかったのかもしれない。

 

食事を終えてトイレに行ったりしていたらあっという間に機は伊豆七島上空にさしかかり、ほどなくどんどん高度を下げて成田空港に向けての着陸態勢に入った。

 

この日は、予定時刻よりも15分ほどの早着であった。

 

ベトナム航空の機内から見た東京成田空港への着陸

 

機内のアナウンスでは、この日の気温は11月にしてはかなり低い6度。

長袖のジャケットを持っていたとはいえ中のシャツは半そでで、飛行機を降りてターミナルビルに向かう途中でかなり寒く感じた。

まあこの感覚が「日本に戻ってきたなあ」と思う時でもあるのだが。

 

成田空港はイミグレと荷物受け取り・通関のエリアが東京オリンピックに向けてなのか大工事中で、その雰囲気が寒さをよけいに感じさせた。

荷物はベルトでほとんど待つことなく3番目くらいに出て来て通関もスムーズ、到着ロビーで待つカミさんと落ち合って駐車場に止めてある車に乗って自宅に戻った。

 

スカイスキャナーで航空券比較検索

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました