【今日の買い物】大型スーパーマーケットで家庭用品をいろいろと……

チェンマイのビッグCハーンドーン店の店内今日の買い物(生活物価)
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ソンクラーン(タイ正月=水かけ祭り)をはさんで2週間ほどタイ国外を旅して、チェンマイに戻って来た。

半月も家を空けるとなると冷蔵庫の中はほぼ空にして出かけなければならず、まずはまっ先に野菜やフルーツ、乳製品といった生鮮食料品を買い求めなければならないのだが、それらはたいていロイヤルプロジェクトショップやリムピンスーパー、あるいは家のすぐそばにあるロータス・エクスプレス(ミニスーパー)で済ませる。

 

お土産品もあり タイ王室が運営する山岳少数民族支援財団の「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」
チェンマイ市内に数店舗ある、タイ王室が設立した山岳少数民族の貧困解消を目的とした財団によって生産・管理された、お土産物を含むさまざまな産品を販売するショップ「ロイヤル・プロジェクト(ドーイ・カム)・ショップ」の紹介
非バラマキ用のお土産探しにもよい、チェンマイの最高級スーパー「リムピン・スーパーマーケット」
チェンマイでバラマキ用ではない食品系のお土産を探すのにも好適。日本食もメチャクチャ揃っていて頻繁に通う在住者も多い、市内に6店舗ある街きっての高級スーパー「リムピン・スーパーマーケット」の紹介

 

が、今回は家の中を見回してみたところ、家庭用品でも結構足りないものがあることに気づき、生鮮食料品の買い物の後に、大型スーパーマーケットのビッグCハーンドーン店に自動車で出かけた。

 

 

この手の大型スーパーマーケットの店内は、どこもほとんど変わらない(タイトル下の写真)。

前述の通り、すでに生鮮食料品の買い物は済ませていたので、この日は家庭用品が中心だ。

 

歯みがき

チェンマイで購入したコルゲート歯みがき

 

歯みがきは大容量のものを買ったほうがお得なのだが、今は一人暮らしでそうたくさんは使わないし、色々なブランド(味)を楽しみたいというのもあって小さいのを購入している。

これは、「Advanced Whitening」というコルゲートの最も一般的なタイプ(たぶん)で、85g入り27THB。

 

固形石鹸

シャワーの時に主に使う石鹸は液体ボディーソープ(植物物語)と固形石鹸を併用して、その時の気分で使っている。

タイのスーパーとかに行くと固形石鹸はすごくたくさんの種類が並んでいて、特にハーブを使ったものがバリエーションに富んでいて選ぶのが楽しい。

中でもよく買っているのは、カミさんがこちらにいる時に気に入って使っていて自分も好きになった「マダムヘン」というブランド。

何か、このパッケージからして好き(^^)

 

チェンマイで購入したマダムヘンの固形石鹸

チェンマイで購入したマダムヘンの固形石鹸

 

ちょっと独特な香りがするけれど、日本から来た女性のお友達に「何かおすすめのタイ土産はある?」と聞かれてこれを紹介したら「あ、これは女性は好きな香りだわ」と言われて爆買いしたという経験がある。

ちょっと重たいけど、ひとつ33THBでバラマキ用のお土産としてもいいかも。

 

マダムヘン オリジナルハーブ石鹸6個セット
MADAME HENG
マダムヘンの石鹸は色々なバリエーションがありますが、このオリジナルが一番です

 

冷蔵庫用脱臭剤

チェンマイで購入した冷蔵庫脱臭剤

 

トイレの芳香剤なども出している総合ブランド(?)の「Farcent」というブランド……というか、これ以外の冷蔵庫用脱臭剤を見たことがない。

実際のところ、脱臭剤を入れてどのくらい効果が出ているのかイマイチよくわからないのだが、まあ「ないよりマシ」ということで(笑)

85THB。

ちなみに、冷凍庫用の脱臭剤というのはタイ(チェンマイ)では見たことがなく、自分は日本に一時帰国するたびに買ってスーツケースの中に入れてきている。

 

ハンドソープ(詰替え用)

チェンマイで購入したハンドソープ

 

タイで売られるようになってたぶんまだ10年はたっていないと思うのだが、またたく間に普及した薬用のハンドソープ。

当地では、このキレイキレイと花王のビオレが2大メジャーブランドだと思う……というか、自分は日本企業の製品がある時にはなるべくそれを買うようにしているので他のものに目が行かないだけなのだが。

自宅にはすでに容器はあるので、詰替え用を購入。

200mlで35THB。

 

柔軟剤

チェンマイで購入した柔軟剤

 

日本では必ずしも入れる必要がない(らしい)柔軟剤だが、当地の水は硬水だからかタイ人は洗濯をする時には必ず柔軟剤を入れる。

しかも、洗濯機についている柔軟剤の投入スペースは結構な量が入るので減りが早い。

そのためか、スーパーでは柔軟剤をたくさんカートに入れている人をよく見かける。

自分もたいてい1回に5袋とか購入して、以前買った大容量が入っていたプラスチックのボトルに移し替えて使っている。

柔軟剤もたくさんのブランドがあるのだが、自分はこの「Hygiene」のグリーン・ナチュラルという香りが好き。

フローラル系は、かなり人工的な香りがしてどうも苦手……。

13.5THB。

 

マウスウォッシュ(リステリン)

チェンマイのスーパーで購入したリステリン

日本に住んでいた時から、マウスウォッシュはリステリンをずっと使っている。

チェンマイ(タイ)でもリステリンはメジャーで、緑茶とかオレンジとか日本では見たことのないフレーバーのものもあったりしておもしろい。

スーパーマーケットに行くとたいていリステリンは特売をしていて、750ml入りの大きなボトルに250ml入りの小さなボトルがついたお得なセットが売られているので、それを買っている。

今回は、「ハーバル・ジンジャー」というショウガ味があったので、試しに買ってみた。

まだ使っていないが、果たしてどんな味がするのだろう?

計1,000mlで162THB。

 

バスルーム床掃除用洗剤

チェンマイのスーパーで購入したバスルーム床掃除用洗剤

自宅にはマスターベッドルームに付属したかなり広めのバスルームと、ダイニングキッチンの奥にあるゲスト(?)用の小さなバスルームがある。

後者は1m四方ほどの広さしかなくシャワーを使ったら全体が水浸しになってしまうので、トイレとしてしか使っていないが、逆にマスターベッドルームについているバスルームはやたらと広く「もうちょっと考えて設計できなかったのかな」と思うくらいだ。

2つのバスルームとも床はタイル敷きで掃除は比較的簡単なのだが、特に乾季は砂ぼこりが入ったりして水を流しただけではきれいにならないことが多いので、洗剤を使ってデッキブラシでゴシゴシとこすってきれいにしている。

使う洗剤のブランドは特に固定されていないのだが、今回は新商品ということで、日本のホームセンターなどでもよく見かけるように、陳列棚の前に小さなモニターをつけてプロモーションビデオを流していた花王のマジックリンを買ってみた。

750ml入りで65THBとお試し価格なのかかなり安かった。

まだ使っていないので何とも言えないが、自分は日本企業の製品があるなら原則それを購入するようにしているので、今まで特に決まったブランドがなかったバスルーム床掃除用洗剤にもこれで定番ができるかもしれない。

 

このカードなら、ATMで直接タイバーツが引き出せて両替の手間がはぶけます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました