マレーシア航空MH784便クアラルンプール→バンコク ビジネスクラス機内食

マレーシア航空MH784便の機体 空港・航空機材・機内食
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

前夜22時近くに成田を出てマレーシアのクアラルンプールに早朝4時着、ラウンジで5時間ほどを過ごした後ようやくバンコクに向かう便の搭乗となった。

マレーシア航空MH71便成田→クアラルンプール ビジネスクラス機内食
マレーシア航空MH71便、東京・成田発マレーシア・クアラルンプール行きビジネスクラスのシートや機内食のレポートと写真
クアラルンプール国際空港 マレーシア航空ゴールデンラウンジ
マレーシアの首都、クアラルンプール国際空港(KLIA)のサテライトターミナルにあるマレーシア航空「ゴールデンラウンジ」のシートや食べ物、飲み物などのレポートと写真

これまでの飛行時間やラウンジでの滞在時間に比べれば、クアラルンプールからバンコクまでは2時間足らずなのであっという間という感じだ。

 

サテライトターミナル側のラウンジを出てエアロトレインに乗ってメインターミナルへと移動し、バンコク行きの搭乗ゲートへ。

搭乗予定時刻ちょうどくらいにゲートに着いたのだが、まだセキュリティチェック(クアラルンプール国際空港では搭乗ゲートの直前に手荷物検査がある)も始まっていなかった。

 

クアラルンプール国際空港のターミナル

クアラルンプール国際空港の搭乗ゲート

 

搭乗が始まる雰囲気がまったくなく「こりゃ、しばらくここで待たされるのかな?」と思いつつ近くのイスに座ると、5分もしないうちに係員がやってきて手続きが始まった。

機内に乗り込む直前のボーディングパスのチェックでタイの出入国カードとプレミアム・レーン(イミグレーションの優先入国審査カウンター)のチケットを受け取ると「あ~、やっとタイに戻れるなあ」という気がしてくる。

 

この日の機材は、毎度おなじみのボーイング737-800型機

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスのキャビン

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスのシート

 

東南アジアの近距離路線ではこの737-800型機にあたることが多い。

シートピッチは広くないし、フットレストは貧弱だしあまり乗り心地のよいシートではないが、まあリクライニングを倒している暇もあまりないくらいのフライト時間なので、気にはならない。

 

マレーシア航空で飛び立とう【Malaysia Airlines】

 

ウエルカムドリンクはグァバジュース

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出たグァバジュース

 

マレーシア航空のウェルカムドリンクと言えば、グァバジュース。

これ、本当においしい。

タイのグァバジュースは緑色、白色をしているのが多いけど品種が違うのだろうか?

味もだんぜんこちらのほうが自分は好きだな。

 

飛行機は定刻より20分ほど遅れてクアラルンプールを離陸した。

高度をあげて水平飛行になると同時に機内食のサービスが始まるが、その前にCAがマレー料理(ナシレマッ)、中華料理(福建炒麺)、洋食(オムレツ)があるがどれにするかと乗客一人一人に質問して回っていた。

メニューは用意されていないようだ(この路線では配られたり配られなかったり)。

自分は前にナシレマッを食べたことがあるのだが「どうしてここまでまずく作れるの!?」と思うくらいおいしくなかったので、今回は洋食にしてみた。

 

短距離路線なので、ワンプレートでのサービスだ

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出た機内食全景

 

左下の皿には、後からパンが乗せられる。

CAはオムレツと言っていたが、実際にはクレープか湯葉のような弾力のある皮で卵をくるみ焦がしたものだった。

 

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出た機内食のオムレツ

 

写真はないが、中の卵はアツアツのトロトロで、もしかしたらそれを保つためにこのような皮包み焼きにしているのではないだろうか。

なかなかのアイデアだと思う。

少なくとも、ナシレマッよりはぜんぜんおいしかったし。

 

フルーツとヨーグルトはどのキャリアでも似たようなものだ

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出た機内食のフルーツ

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出た機内食のヨーグルト

 

パンは3種類くらいバスケットに入れて持って来たがクロワッサンだけいただく

マレーシア航空MH784便ビジネスクラスで出た機内食のクロワッサン

 

飲み物はコーヒーをいただいたが、マレーシア航空ではインスタントしか積んでいないので写真もなし。

 

離陸は20分ほどディレイしたものの、その後は順調に飛行を続け、スワンナプーム空港の手前でも旋回や迂回をすることなくストレートに着陸で来たからか、到着時間は予定よりも5分ほど早かった。

 

勝手知ったるスワンナプーム空港、イミグレーションのプレミアムレーンもガラガラであっという間に通過し預け入れ荷物の出てくるターンテーブルまで来たが、早く着きすぎてまだ荷物が回っていなかった。

 

バンコク・スワンナプーム空港の荷物受け取りベルト

 

荷物を受け取ったら出発階へとあがり、いよいよあとはチェンマイに戻るだけである。

 

マレーシア航空で飛び立とう【Malaysia Airlines】

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました