マレーシア航空MH71便成田→クアラルンプール ビジネスクラス機内食

マレーシア航空MH71便のモニター空港・航空機材・機内食
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

一時帰国を終えてチェンマイへと戻るフライトは、まず成田からクアラルンプールへと向かう。

往路はコードシェア便のJALを利用したが、帰りは本体(?)のマレーシア航空便だ。

 

一時帰国用に限らず、いつも自分がチェンマイで航空券を購入する時には

(1)検索比較サイトのスカイスキャナーで、出ているキャリアと価格をチェックして候補を抽出

(2)候補の航空会社の公式サイトで価格とともに運行機材・シートなどをチェック

(3)市内の旅行会社で価格をチェック

というプロセスを経てこの3か所のどこで購入するかを最終的に決めている。

今回は、上記の手順で検討している最中に、マレーシア航空からバンコク・成田をビジネスクラス往復でおよそ26,500THB(現在のレートで約90,800JPY)という最近では見たことのない安値のオファーメールが届き、速攻で予約してしまった。

 

自分がマレーシア航空を利用する時、復路のクアラルンプール行きはいつも21時半ごろに成田を出るMH71便を利用している。

これだと、クアラルンプールとバンコク乗り継ぎで、チェンマイに14時頃に到着というスケジュールとなる。

かなり長い移動にはなるのだが、値段を考えればぜいたくは言っていられない。

 

カンタス航空のラウンジでボーディングまでの時間を過ごし、アナウンスを聞いて機内へと向かう。

当初の予定では機材はエアバスA350-900型機だったのだが、当日になって機材変更で同じエアバスのA330-300型機がアサインされた。

といっても、コンフィグレーションこそ違うものの、シートの仕様はまったく同じなので、機材変更になったからといって特別不満に思うことはない。

 

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスのシート

安定のソロシート

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスのレッグルーム

つま先のほうはかなり狭いが、座ると同時に足を伸ばせるのがいい

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスの収納ボックス

頭の脇にある収納ボックスはすごく便利

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出たウエルカムドリンク

搭乗後のウエルカムドリンクはオレンジジュース

 

マレーシア航空の機内食は、ほかのキャリア同様搭乗後に選択することもできるが、「Chef On Call」というウェブサイト上での事前予約システムがある。

こちらだと10種類以上のメニューがあり、今まで何を食べてもはずれがなかったので、今回もあらかじめオーダーしておこうとマレーシア航空のサイトを見てみたら、何とメニューがたったの2種類しか載っていない。

とてもじゃないが、そこから選ぶなんてことはできないので、今回はパスして機内で配られるメニューから選択することにした。

しかし、ここまで料理減らすくらいなら、いっそ「Chef On Call」なんてやめてしまえばいいのに<MH

 

機内で配られたメニューにはマレー料理2種、洋食(ペンネ)、日本食の4種類が載っていたが、今まで食べたことがなかった日本食をオーダーしてみた。

 

食前酒はオーストラリアのシャルドネ

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出た白ワイン

 

おつまみのピーナツは気前よく(?)2袋置かれた。

 

続いて、マレーシアンサテ

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出たサテ

 

チェンマイ(タイ)で食べるサテとはぜんぜん別物で、特にソースがおいしい。

いつもは「ソースいっぱいちょうだい」と言うのだが、そうすると肉もおまけしてくれてこれだけでお腹がいっぱいになってしまうので、今回は遠慮した。

 

まずは、前菜が運ばれた

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出た前菜

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出た先付

 

マレーシア航空のメニューには、メイン以外詳しい料理名がまったく載っていないので詳細は不明だが、さすがに成田発の便だけあってどれもちゃんとした味だった。

 

メインは牛すき焼きワサビソース

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出たメインディッシュ

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出た牛すき焼きワザビソース

 

ワサビソースはぜんぜん効いていなかったけれど、なかなかのお味でおいしくいただきました。

 

食後のアイスクリームとコーヒー

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出たアイスクリーム

マレーシア航空MH71便のビジネスクラスで出たコーヒー

 

コーヒーの写真はおかわりをした2杯目で、クッキーをつけてくれた(^^)

 

成田からクアラルンプールまでは7時間ちょっと。

バンコクよりも飛行時間が長いので、これだけ食事をしてもその後ゆっくり眠ることができる。

 

着陸態勢に入る直前でCAから配られた飲み物で目が覚め、ぼんやりと窓の外を眺めていたら機体はどんどん高度を下げ、それに伴って地上の灯りがはっきりと見えるようになり、まだ夜が明けない真っ暗なクアラルンプール国際空港へと降り立ったのだった。

 

マレーシア航空で飛び立とう【Malaysia Airlines】

お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました