バンコク・スワンナプーム空港 ミラクルファーストクラスラウンジ

バンコク・スワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジ概観空港・航空機材・機内食
スポンサーリンク

今回の一時帰国では、マレーシア航空を利用した。

バンコクからマレーシアの首都クアラルンプールに一度南下して乗り継ぎ、そこから東京を目指すというルートだ。

自分は日本への一時帰国ではいつもビジネスクラス以上を利用しており、空港では時間ぎりぎりまでラウンジで休んでから搭乗するようにしている。

で、マレーシア航空のラウンジなのだが、バンコクのスワンナプーム空港には自社のラウンジを保有しておらず、「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」という共用ラウンジを利用することになる。

この「ミラクルラウンジ」は、スワンナプーム空港だとおよそすべてのウイングにあるという感じで、確か10か所近く存在していると思うが、今回は搭乗ゲートに一番近いコンコースFにあるラウンジに入った。

ちなみにこのラウンジは、旅慣れている人ならたいてい聞いたことがあるだろう「プライオリティパス」の会員であれば、エコノミークラス搭乗客でも利用することができる(ただし会員の種類によっては年会費のほかに利用料が必要)。

 PriorityPass 

 

また、「楽天プレミアムカード」を保有していればこの「プライオリティパス」を無料で手に入れることができ、しかも利用料も無料なので、クレジットカードを新たに作るのがイヤでなければ、こちらのほうがお得だと思う(カード年会費は必要)。

楽天プレミアムカード

 

落ち着かない雰囲気のゲート前で座り心地のよくないイスに腰かけて搭乗を待つのと、ラウンジでゆったりとくつろいでいるのとではその後の疲れかたがぜんぜん違うよ(^^)

 

バンコク・スワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジ概観

ラウンジ概観

 

大きく分けて、ソファとイスのエリアに分かれている。

 

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのイス席

奥にはイス席が並んでいる

 

写真ではわからないが、上の写真の後方窓際には数は少ないがカウンター席も用意されている。

 

食べ物、飲み物もすごく豊富、というわけではないが必要十分には揃っていると思う。

今回は14時半ごろのフライトだったので、食事にはタイカレーやカーオパット(炒飯)、パスタなどのランチ向けの温かい料理が用意されていた。

 

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジの温かい食べ物コーナー

ホットミールのコーナー。朝だと卵焼きなどが置かれている

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのサンドイッチやペイストリーのコーナー

サンドイッチやペイストリーのコーナー。その奥は酒類とフルーツ

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのパンのコーナー

朝食向きの普通の食パンやシリアルもある

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのパイとジュースのコーナー

パイ類とジュースのコーナー

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのコーヒーマシン

最近のラウンジでは、このネスカフェのコーヒーマシンを置くところが増えてきた

バンコクのスワンナプーム空港ミラクルファーストクラスラウンジのドリンク冷蔵庫

冷蔵ケースにはソフトドリンクやビールが入っている

 

今回は正味1時間にもならないくらいの滞在であったが、人も少なく静かな雰囲気の中、ドリンクを飲んでイスに座ってくつろいだ後、搭乗ゲートへと向かった。

 

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント