チェンマイを旅する

ショッピング・みやげ

掘り出し物が見つかるかも チェンマイ市内南部の土日ガラクタ市

チェンマイ市内やや南部で土曜日と日曜日の昼間だけ開催される、アンティーク、古い仏像や仏具、中古家庭用品や家電製品、さらには古着やキャラクターグッズ、フィギュアなどを扱う店が並ぶガラクタ市の紹介
チェンマイ料理の食べられる店

朝4時から仕込む濃い目のスープが絶品のカノムチン(タイ素麺)食堂

チェンマイ市内やや北部にある、ミャンマーのシャン州、チェントン出身の女性が朝4時から仕込むという濃いめのナムギヨウ(スープ)が絶品のノムセン(カノムチン=タイ素麺)食堂の紹介
ショッピング・みやげ

インテリアで山岳民族の布を買うなら、額装済みのほうが絶対いい

チェンマイみやげとして人気の高い山岳少数民族の布。店ではたいていただ布を積み上げて売ったりしているが、インテリアとして使うため買って持って帰るなら、重たくても額装されたもののほうがおすすめだという理由
アルノータイ

チェンマイから2時間、観光地でないミャンマー国境の村アルノータイ

チェンマイから北に120kmほどのミャンマー国境にある、中国から敗走してきた国民党の子孫が多く暮らす落人村。国境以外これといって見どころはないが、おいしい雲南麺と餃子の食べられる店があり日帰りドライブ旅行先としておすすめ
2019.01.24
スポンサーリンク