歴史好き

あなたの知らないチェンマイ

歴史好きは必見! 今のチェンマイができる前、2年間だけ王都があったエリアの遺跡群「ウィアン・クムカーム」

一般的に言って、チェンマイの歴史はタイ暦1839年(西暦1296年)にマンラーイ王が当地に都を建設したところから始まるとされており、ガイドブックなどにもそう書かれていることが多いが、実はその2年前に彼が……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ市内北部にある、美しい仏塔と井戸が残る廃寺「ワット・チェディ・デーン(ノーク)」

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック門からチェンダーオ、ファーン方面へと続くチャーンプアック通り(国道107号線)を門から北に800~900m行った右手にある廃寺。 寺院の名称は……
チェンマイの廃寺をたずねて

チャーンプアック・バスターミナルの中にあるチェンマイらしい廃寺「ワット・ファン・サート」

チェンマイ市内やや北部にある、チェンマイ県内の街と間を結ぶ中近距離バスが発着するチャーンプアック・バスターミナルの中にあるという、ユニークな廃寺。 文献にはまったく登場せず……
スポンサーリンク
チェンマイの廃寺をたずねて

ラーンナーとスコータイ 2つの様式が入り混じった仏塔だけが残る廃寺「ワット・ノーン・ロム」

チェンマイ市内中心部、お濠に囲まれた旧市街の北東側の外にある廃寺。 お濠の北東角から外側を走るチャイヤプーン通りを南に300mほど進み、ソイ1を左折して150mほど行った……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ門の南に両脇を建物にはさまれ窮屈そうに仏塔のみが残る廃寺「ワット・チェンコーン」

チェンマイの旧市街の南辺にあるチェンマイ門の南前(旧市街の外側)に建つ廃寺。 チェンマイ門南のにぎやかな商店街の中に、ポツンと取り残されたようにチェディ(仏塔)だけが残っているが……
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】まんが版 チェンマイの歴史

1990年に、大学教授、教師、一般市民有志により設立されたチェンマイ都市問題研究所を母体とし、2001年に財団法人化された都市開発研究財団によって発行された、チェンマイの……
あなたの知らないチェンマイ

チェンマイから30km、そのチェンマイよりさらに古い12世紀に建設された都市遺跡群「ウィアン・ターカーン」

チェンマイのはるか南30kmほどのところにある、ハリプンチャイ王国(ラムプーン)の黄金時代に栄えた都市の遺跡群。 ウィアン・クムカーム遺跡群よりも……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ門市場の裏手の路地にある、今にも崩れそうなチェディ(仏塔)だけが残る廃寺「ワット・フォーンソーイ」

お濠の中の旧市街南部、チェンマイ門のすぐ近くにある廃寺。 チェンマイ門市場のちょうど裏手にあたり、門からだとプラポクラウ通りを北に60~70m進み左折して……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ門の南の路地にある頂上部まで残った仏塔が印象的な廃寺「ワット・タート・クラーン」

チェンマイ市内中心部、お濠の南辺にあるチェンマイ門からまっすぐ南に伸びるソイ(路地)スリウォンを500mほど行った左手にある廃寺。 四角形の立派な基壇と……
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】シャムの日本人写真師

今からおよそ100年前の明治なかごろ、1890年代から1910年代にかけてタイに渡り写真館を開いた日本人たちの一生を描いた、ノンフィクション。 タイ国立公文書館で……
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ市内中心部の大病院の中にあるよく整備された廃寺「ワット・パン・サオ」

市内中心部やや西寄りにあるチェンマイ最大の総合病院マハーラート・ナコンチェンマイ(スワンドーク)病院の敷地の中にある廃寺。 病院の中、というとちょっと訪れにくい雰囲気……
インドネシアの旅

【インドネシア旅行】ソロ(スラカルタ)の市内観光はラジャ・プスタカ博物館から

インドネシアのジャワ島中部にある、チェンマイにも少し似た雰囲気を持つ古都ソロ(スラカルタ)の市内にある観光スポットは、今回泊まったホテルのノボテル・ソロから……
2019.08.16
チェンマイの廃寺をたずねて

ウィアン・クムカーム遺跡群の東の端にある、よく整備された廃寺「ワット・クー・カーウ」

チェンマイの南部郊外、市内からチェンマイ-ランプーン通りを南下し、マヒドン通り(国道1141号線)との立体交差を越えて1kmほど行った右手にある。 位置的には現在のチェンマイが建設される前に……
2019.07.10
仏教行事・イベント

イーペン(ローイクラトン)祭り 由来とタイ各地での行事

ローイクラトンの習慣がいつから広まったのか、はっきりと示す証拠はありません。 しかし、この習慣はスコータイ時代から長い間受け継がれてきたと信じられています。 ラームカムヘーン王の時代に、ローイクラトンは……
2019.08.16
チェンマイ関連書籍レビュー

【チェンマイ関連書籍レビュー】消え去った世界 ~あるシャン藩王女の個人史~

1931年、当時のビルマ(ミャンマー)・シャン州に33あった藩王国(モン、タイ語ではムアン)のひとつ、ロックソックの藩王(ソーボア、同チャオファー)の娘として生まれ、英国、第2次世界大戦下の日本、そして戦後の……
2019.08.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました