歴史好き

チェンマイの廃寺を訪ねて

典型的なラーンナー様式のチェディ(仏塔)がきれいに残っている廃寺、ワット・パーオーイ

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック門からチョータナー通り(国道107号線)を北に進み、チャーンプアック・バスターミナルがある信号のついた交差点を通り越して150mほど行くと左側にサイアムコマーシャル銀行があるが……
チェンマイおよび北タイ史

チェンマイおよびタイ北部の歴史 年表

最初の人間が居住からモン族のドヴァーラヴァティー王国、マンラーイ王のラーンナー王国建設、ビルマとの戦いによる衰退と荒廃、18世紀の復興からタイ王国の一部としての発展まで、チェンマイおよびタイ北部の歴史を年表にして紹介
チェンマイおよび北タイ史

チェンマイおよびタイ北部の歴史 概説

最初の人間が居住からモン族のドヴァーラヴァティー王国、マンラーイ王のラーンナー王国建設、ビルマとの戦いによる衰退と荒廃、18世紀の復興からタイ王国の一部としての発展まで、チェンマイおよびタイ北部の歴史をおおまかに紹介
チェンマイの廃寺を訪ねて

言われないと廃寺と気づかない!? ワット・チェディ・デーン(ナイ)

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック・バスターミナル近くのチャーンプアック・ソイ4コー(ค)にある、ほとんど原形を留めていないレンガの山のようになったチェディがのこるだけの悲惨な廃寺、ワット・チェディ・デーン(ナイ)
チェンマイの廃寺を訪ねて

16世紀の書物にも登場する廃寺 ワット・チェディ・プローン

チェンマイ市内北部にある16世紀の書物にも登場する歴史ある廃寺「ワット・チェディプローン」の紹介
スポンサーリンク