サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

歴史好き

あなたの知らないチェンマイ

チェンマイのお濠をスクーターにGoProつけて1周した動画と城門や角の堡塁の意味・解説など

チェンマイの旧市街、お濠の内側沿いの道路をスクーターでぐるりと1周しながら、その様子を取り付けたGoPro(ゴープロ=ウェアラブルカメラ)で撮影してみた。 内側から撮影したのは、外側からだと……
ネパールの旅

【ネパール・カトマンズ】湖だった盆地の水が引いて最初に現れた山頂にある国内最古の仏教寺院「スワンブナート寺院」

ネパールの首都カトマンズは街全体が中世の雰囲気を残した遺産のような街で、実際にまるごと(カトマンズ渓谷と呼ばれるが実際には盆地)ユネスコの世界(文化)遺産に登録されて……
プレー&ナーン

【プレー】街最後の支配者の住居で美しいコロニアル様式だが牢屋がある「クム・チャオルワン・ムアンプレー」

チェンマイから自動車で4時間ほどのところにある、チーク材で栄えた時代の美しい建物が残る街プレーの旅。 ウォンブリー・ハウスを見学した後は……
プレー&ナーン

【プレー】1897年以来塗り替えていない! 街最後の支配者の第一夫人の住居「ウォンブリー・ハウス」

まるごとチーク造りの家、「バーン・プラタプチャイ」を見た後は、チェンマイで購入したタイ語のプレー県のガイドブックにしたがって観光していくことにする。 まずは、旧市街のほぼ中心にあり……
プレー&ナーン

【プレー】国内のタイヤイ(シャン族)様式の寺院で最も美しいと言われる「ワット・チョームサワン」

カミさんとちょっと久しぶりにどこかにドライブ旅行しようということになったのだが、タイ北部の主要な街にはあらかた行ってしまっており、なかなか行き先が決まらない。 2人で「まだ滞在していないところはどこかな~」と……
ラムプーン県

【ラムプーン】いかにもタイ! 戦争で死んだ王家の象と馬を供養する墓塔「クーチャーン・クーマー」

チェンマイから南に30kmほどのところにある、かつてはモン族のハリプンチャイ王国が栄えたチェンマイより古い歴史を持つ古都ラムプーン。 その街のやや北部にあるこじんまりとした小さな塔が……
ピサヌローク&スコータイ

【スコータイ遺跡】見逃し厳禁! 息をのむ仏像の大きさ・美しさ「ワット・シーチュム」

今回のスコータイ遺跡の旅で最後に見学したのは、歴史公園の北西はずれに建つ「ワット・シーチュム」だ。 ロケーションの関係から、普通の観光順序に従うと……
ピサヌローク&スコータイ

【スコータイ遺跡】遺跡公園の西端の小山の上に建つ立仏像が美しいワット・サパーンヒン

タイの北部に位置する王国発祥の地、スコータイ遺跡群の西端の小山の上に建つ立仏像が美しいワット・サパーンヒンの紹介
インドネシアの旅

【インドネシア旅行】マヤ文明と関係あり? ソロ(スラカルタ)から40kmの山の中腹に建つヒンドゥー遺跡「スクー寺院」

ジャワ島中央部にある、かつてはジョグジャカルタと並んで王朝が栄え、まだそれほど都市化が進んでいないことからひと昔ふた昔前のチェンマイにも少し似た雰囲気を持つインドネシアの古都ソロ(スラカルタ)の……
ピサヌローク&スコータイ

【スコータイ遺跡】中心部の池のほとりに建つ、仏像の美しさはピカイチのワット・トラパン・ングン

タイ王国発祥の地であり、今は世界遺産として登録され世界中から観光客を集めているスコータイ遺跡を巡る旅。 あいにくと天気が悪く遺跡巡りにはちょっと辛く……
ピサヌローク&スコータイ

【スコータイ遺跡】中心部やや南にあるクメール様式の仏塔がユニークな寺院、ワット・シー・サワーイ

スコータイ遺跡公園の一番メインのエリアである城壁内。 ワット・マハータイを見学した後は、その南側にあるワット・シー・サワーイに行く。 遺跡に近づくと仏塔が見えてくるのだが……
ピサヌローク&スコータイ

【スコータイ遺跡】中心部に位置する最も重要な寺院、かつては200もの仏塔があったワット・マハータート

チェンマイからピサヌロークに移動、市内のホテルに1泊した後は、いよいよメインのスコータイ遺跡観光だ。 1988年にここを初めて訪れた時は……
あなたの知らないチェンマイ

歴史好きは必見! 今のチェンマイができる前、2年間だけ王都があったエリアの遺跡群「ウィアン・クム・カーム」

一般的に言って、チェンマイの歴史はタイ暦1839年(西暦1296年)にマンラーイ王が当地に都を建設したところから始まるとされており、ガイドブックなどにもそう書かれていることが多いが、実はその2年前に彼が……
2020.07.25
チェンマイの廃寺をたずねて

チェンマイ市内北部にある、美しい仏塔と井戸が残る廃寺「ワット・チェディ・デーン(ノーク)」

チェンマイ市内やや北部、チャーンプアック門からチェンダーオ、ファーン方面へと続くチャーンプアック通り(国道107号線)を門から北に800~900m行った右手にある廃寺。 寺院の名称は……
チェンマイの廃寺をたずねて

チャーンプアック・バスターミナルの中にあるチェンマイらしい廃寺「ワット・ファン・サート」

チェンマイ市内やや北部にある、チェンマイ県内の街と間を結ぶ中近距離バスが発着するチャーンプアック・バスターミナルの中にあるという、ユニークな廃寺。 文献にはまったく登場せず……
スポンサーリンク
フォローはお気軽に!
タイトルとURLをコピーしました