全日空NH877便羽田→バンコク ビジネスクラスのシートと機内食

全日空NH877便のフライト状況モニター画面空港・航空機材・機内食
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

日本への往路は成田着だったのだが、チェンマイへの復路は羽田発の便でバンコクに向かう。

全日空は夜遅くに羽田を出るバンコク行きを2便飛ばしているのだが、今回利用するのは0時50分発のNH877便だ。

この前の便だと、早着した場合にチェンマイ(国内線)への乗り継ぎ客専用のイミグレーションカウンターがまだ開いておらず(5時オープン)、その手前で無駄な待ち時間を過ごさなければならなくなるので、5時55分到着予定の遅いほうの便に予約を入れた。

いくら早着したとしてもさすがに5時前になることはないだろう、という目論見だ。

 

ラウンジで1時間少々過ごした後、搭乗券にプリントされたのとは違う、変更されたゲートに向かい予定時刻キッカリにボーディングが始まった。

この辺はさすがに日系キャリアという感じ。

 

羽田空港国際線ターミナル 114番ゲート向かいの全日空ANAラウンジ
羽田空港国際線ターミナルの114番ゲート近くにある全日空のANAラウンジの写真と利用レポート

 

羽田発のフライトも、成田行き同様ボーイング787-900型機での運航だ

ANA全日空NH877便のビジネスクラスのキャビン

 

今回は往路の搭乗前日というかなりギリギリのタイミングでチケットを購入したためかなり席が埋まっていて、このバンコク行きも後ろのブロックのしかも最後列の2つ手前しか窓際が取れなかったのだが、いざ乗ってみると中央の席はほとんど人が座っておらず全体としては半分くらいの搭乗率という感じだった。

シートはスタッガード仕様としてはごく普通のもので可もなく不可もなくという感じだが、致命的な欠点は物入れがまったくない、ということだ。

昨年11月にクアラルンプールから成田まで搭乗したJALの787-900型機はこれよりも一世代前のヘリンボーン式のシートだったが、物を入れるスペースはちゃんとあった。

 

日本航空JL724便クアラルンプール→成田 ビジネスクラス機内食
タイ(チェンマイ)から日本への一時帰国の往路で搭乗した、マレーシア航空とのコードシェア便の日本航空JL724便クアラルンプール発東京成田行きのビジネスクラスのシートと機内食

 

なぜこのようなスタイルを全日空が採用したのかはわからないが、往復ともかなり不便を感じてしまった。

 

ANA全日空NH877便のビジネスクラスのシート

ANA全日空NH877便のビジネスクラスのシートからの景色

 

ウエルカムドリンクがわり(?)のペットボトルの水

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出たウエルカムドリンク

 

酒が飲みたければラウンジで飲んで来い、ということだろうか???

 

搭乗機は定刻より5分ほど早くゲートを離れた。

さすがにこの時間の羽田空港は空いていて、スムーズに離陸。

シートベルト着用のサインが消え水平飛行に移ったころに、CAが飲み物の入ったグラスを乗せたトレイを持って回って来た。

 

往路はシャンパンをいただいたいので、今度はシャルドネ(スペイン産)を

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出たワイン

 

しばらくすると、今度はおつまみを持って来てくれた。

 

枝豆と厚揚げをつまみにした

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出たおつまみ

 

往路はシャンパンを飲み終わった途端に爆睡モードに入ってしまったが、一時帰国中は連日急用への対応でバタバタしていてかなり疲れていたのだろう、今度は飲み終わる前にシートをフルフラットにすることなく眠ってしまったようだ。

途中一度目が覚めてフルフラットにはしたが、結局帰りの便もほとんど寝っぱなしで、機内の照明が灯され目が覚めたらもう飛行機はベトナムを通り越してラオス上空にさしかかろうとしていた。

 

スポンサーリンク

 

朝食は、日系キャリアなので往路と同じく日本食をオーダーしておいた。

 

やはりワンプレートでのサービスだ

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食全景

 

前菜は金時草とどろ湯葉 銀餡掛け、小鯛八幡巻き 海老、セロリ串打ち、花豆密煮、青海苔出汁巻き玉子

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食の前菜

 

主菜は目鯛の田楽

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食の主菜

 

俵御飯

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食のご飯

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食の俵御飯

 

味噌汁と香の物

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食の味噌汁と香の物

 

フルーツ

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食のフルーツ

 

最後は日本茶ではなくコーヒーにした

ANA全日空NH877便のビジネスクラスで出た機内食のコーヒー

 

寝起きで食欲もあまりないので、量的にはこれで十分だ。

海外のキャリアだと、メインがご飯ものでも洋食と同じようにパンやサラダがついてきたりしてついつい食べ過ぎてしまうことが多いのだが、さすがに日系だとそういうことがない。

 

飛行機はナコンラーチャシーマー(コラート)上空から徐々に高度を下げ、まだ夜が明けず真っ暗な中をバンコク・スワンナプーム空港に着陸した。

到着時刻は予定よりも早着ではあったが5時35分とすでにイミグレーションがオープンしている時刻だった。

この日は、国内線乗り継ぎエリアとは真逆のゲートに着き、1km近く歩いてようやくイミグレーションまでたどり着いた。

 

バンコク・スワンナプーム空港のホール

 

イミグレーションのカウンターでタイ入国のスタンプをもらい、セキュリティーチェックを受けて国内線ターミナルへ。

成田で受け取っていたバンコクからチェンマイまでの搭乗券にはゲートがプリントされていなかったので、出発案内のディスプレイでそれを確認してから、TG(タイ国際航空)のラウンジへと向かった。

 

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました