マレーシア クアラルンプール国際空港(KLIA)タイ国際航空(TG)ロイヤル・シルク・ラウンジ

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジ入口空港・航空機材・機内食
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事は、過去に旧サイトにアップしていたのを改訂・移設したものです。
場合によっては、現状とそぐわない可能性がありますのでご留意ください。

マレーシアの首都クアラルンプールの旅も無事に終えて、ホテルをチェックアウト後はタクシーでKLセントラル駅まで行き、空港鉄道のKLIAエクスプレスでクアラルンプール国際空港へ向かった。

 

クアラルンプールの国際空港はレガシーキャリアが発着するKLIAとLCC(=ほぼエアアジア)専用のKLIA2という2つに事実上分かれているのだが、今回はタイ国際航空(TG)でバンコク経由チェンマイまで戻るので、前者を利用する。

バンコクのスワンナプーム空港に比べて人が少なく、ずっと落ち着いた感じの空港内を進み、これまたガラガラのTGのカウンターでチェックイン手続きの後、エアロトレインでサテライトビルディングへ。

 

すぐにラウンジの案内看板が見えた。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジの案内看板

 

ラウンジの入口にあるTGのロゴとワイ(合掌)をした女性のパネルを見ると、何かホッとするね(タイトル下の写真)。

 

カウンターで搭乗券を見せて中に入ると、かなりのスペースがあった。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジ概観

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのソファ席

 

スターアライアンス加盟会社の共通ラウンジなのだろうが、TG搭乗客だけが利用するのだったらここがいっぱいになってしまうことなどまずないだろう。

自分が入った時は中には7~8人しかおらず、スワンナプーム空港のラウンジとは大違いでゆったりした滞在ができた。

 

飲食物コーナー全景。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジの飲食物コーナー全景

 

コーヒーマシン。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのコーヒーマシン

 

マレーシアはムスリムの国だが、ここではもちろんアルコールも用意されている。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジの酒類

 

サンドイッチはひとつひとつオシャレに個装されていた。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのサンドイッチ

 

パイやタルトはバンコクのラウンジでも定番だが、ここも同じだった。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのパイとタルト

 

南国マレーシアで、このフルーツはないだろう。

もう少し(かなり?)改善の余地があるぞ。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのフルーツ

 

さすがマレーシアにあるラウンジ、と思ったのがこれ。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのインド料理

 

ビリヤニ(インド風カレー炊き込みご飯)とカレー(奥)だ。

 

中華系も多いマレーシアらしく、点心の蒸籠も置かれている。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジの蒸籠

 

どれも食べられない人は、カップ麺をどうぞ(笑)

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのカップ麺

 

っていうか、TGのラウンジなのにタイ料理がゼロなのはどういうことだろう???

 

今回は、チェンマイに帰るとなかなか食べる機会がなく(というか、チェンマイのインド料理は正直言っておいしくない)、まだ誰も手をつけておらず見るからにおいしそうなのでカレーとビリヤニ(インド風カレー炊き込みご飯)をいただくことにした。

 

クアラルンプール空港のタイ航空ラウンジのビリヤニとカレー

 

空腹も満たされてノンビリしていたら、係の女性が「搭乗時間になりました」と中にいる搭乗客一組一組のところまで案内に来てくれて、搭乗ゲートに向かった。

 

チェンマイから旅する時、航空券はまずここで検索・比較します

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました