1994年にチェンマイを襲った大洪水

1994年の大洪水の時のチェンマイチェンマイの風景
スポンサーリンク

1994年の9月、チェンマイは大洪水に見舞われた。

 

この年、自分はタートーン(国道107号線をチェンマイから180kmほど北上したところにある、チェンラーイとのボートトリップの発着点がある村)からさらに北の山岳地帯を旅していたのだが、そこでは大量の雨が降り、家屋の流出、山崩れ、道路の崩壊、田畑の浸水などかなりの被害が出ていた。

そして旅を終えチェンマイに戻ってきてみると、そうした地方に降った雨がピン川に集まり南下した結果、水位は今にも堤防を越えそうなところまで高くなっていた。

 

それから数日たったある日、ついに川の水はあふれ出し、川沿いのチェンマイ・ラムプーン通りやチャルンプラテート通り付近だけでなく、その周囲の一帯にも押し寄せ、ナイトバザールの一部も水に浸かった。

自分は、この時チャルンプラテート通りにあるポーンピン・タワー・ホテルに宿泊していたのだが、ホテルを1歩出ると道は川のようになっており、いつもたむろしているトゥクトゥクもどこかに避難してしまったのかまったく見あたらず、外出にたいへん苦労した。

また、市内の別の場所からホテルに戻る時も、行先を告げると乗車拒否が相次ぎ、浸水していない場所で車を降りて、そこから先は水の中をバシャバシャ歩きながら帰ってきた。

 

堤防の建設や川底の浚渫など河川改良工事が進められたので、現在ではここまでひどい洪水になることはまずない。

 

ピン川

1994年の大洪水の時のチェンマイのピン川

ここまでになると、さすがに怖い感じ

1994年の大洪水の時のチェンマイのピン川の流れ

左に見えているのは現ダイヤモンド・リバーサイド・ペットガーム・ホテル

1994年の大洪水の時のチェンマイのピン川と鉄橋

ロイクロ通りから東に進んだところにある鉄橋。まだトラスがかかっていない

 

チェンマイ・ラムプーン通り

1994年の大洪水の時のチェンマイラムプーン通り

真ん中の柵の手前がピン川、奥が通り

1994年の大洪水の時のチェンマイの道路

こうなると深さや穴の有無とかがわからないので怖くて車も通らない

1994年の大洪水の時のチェンマイの自動車

川から一番遠い場所を車は走っていく

 

ソイ(路地)

1994年の大洪水の時のチェンマイの路地

ピン川から少し離れた路地もこの通り

1994年の大洪水の時のチェンマイの路地

どのソイ(路地)もこんな感じで足をぬらさずには先に進めない

1994年の大洪水の時のチェンマイの路地の自転車

自転車に乗ってる子供は何か楽しそう

 

人々

1994年の大洪水の時にチェンマイの街を歩く人

こうなるとあきらめて水の中を歩くしかない

1994年の大洪水の時のチェンマイのピン川そばを歩く人

OLさんも靴を脱いで水に入っていく

1994年の大洪水の時のチェンマイのピン川を取材する記者

メディアの記者も取材に来ていた

 

軽量・防水・コンパクト旅行用ポンチョ
ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)
雨季にチェンマイを旅行するなら、脱ぎ着しやすくて両手が自由になるポンチョがおすすめです

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント