バンコク・スワンナプーム空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ 利用レポート

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジ 空港・航空機材・機内食
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回の一時帰国では、タイ・日本間をキャセイパシフィック航空で飛んだ。

 

いつも自分がチェンマイで航空券を購入する時には

(1)検索比較サイトのスカイスキャナー で、飛んでいるキャリアと価格をチェックして候補を抽出
(2)候補の航空会社の公式サイトで価格とともに運行機材をチェック
(3)市内の旅行会社で価格をチェック

というプロセスを経て最終的にどこで購入するかを決めている。

 

今回は、キャセイパシフィック航空の料金がリーズナブルで、調べてみたら最後に搭乗したのが2015年7月でもう4年近くもごぶさただったので「久しぶりに乗ってみるか~」という感じで予約を入れた。

ただし、過去はいずれもバンコクから成田までナイトフライトを利用しており、それだと香港(夜中の1時半発)→成田(早朝6時半着)間がほとんど眠ることができず、日本に着いた日は終日ボ~ッとしてしまって使い物にならないことがわかっていたので、今回はバンコクを朝8時過ぎに出る便を利用することにした。

そのため、前日の午後にチェンマイを出てバンコクに向かい、空港近くの乗り継ぎ用ホテルで1泊して日本に向かう。

ホテルから空港への無料シャトルバス(ワンボックスカー)が5時半に出るのでそれに合わせてかなり早く起きなければならなかったが、それでもベッドでゆっくり寝られるのでナイトフライトで成田に向かうよりかなり楽だ。

 

スワンナプーム空港に着くとキャセイパシフィック航空のチェクインカウンターはすでに開いていて、ビジネスクラスは誰も並んでおらずすぐにチェックイン完了、セキュリティチェックと出国手続きもプリオリティ(優先)レーンでこちらもあっという間に通過してラウンジへと向かう。

 

キャセイパシフィック航空は、スワンナプーム空港のコンコースGに専用ラウンジを持っている。

ワンワールドのアライアンス航空会社のビジネスクラス以上の搭乗客やマイレージ上級会員も利用できるからだろう、ものすごい広さがあり席もバリエーションに富んでいる。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジの大人数用の席

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジの4人がけの席

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのスタンド席

 

自分がこの中で好きなのは、空港の外の様子を眺めることのできるオットマン付きの一人がけのソファ席だ。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのひとり用の席

 

早朝なのでほとんど食欲もなく、この後はバンコク・香港間、香港・成田間と機内食も出るし、香港空港のラウンジでは麺をぜひ食べたいので、コーヒーだけをいただくことにして荷物を置くと飲食物のコーナーに向かった。

朝早く(ちなみにこのラウンジの営業開始時間は早朝4時となっている)ても、食べ物はひと通り揃っているようだ。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのサラダコーナー

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのパンコーナー

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのスナックコーナー

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジのコーヒーメーカー

 

スワンナプーム空港のラウンジにもヌードルバーがあって、香港式の麺だけでなくトムヤムクンとかも確か出してくれる(以前食べたことがある)のだが、この時間はキッチンにスタッフはいたものの準備中っぽい雰囲気で食べられるのか食べられないのかよくわからなかった。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジの麺コーナー

 

客席も、誰ひとり座っていなかった。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジの麺コーナーの席

 

搭乗までの1時間ちょっとを飛行機の発着風景を眺めながらコーヒーを飲んでノンビリと過ごしたのだった。

 

スワンナプーム空港キャセイパシフィック航空ラウンジの席からの景色

 

日本に限らずどこに行くにも、まずここで航空券を比較するのが第一歩

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました