サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

ベトナム航空VN301便成田→ホーチミンシティ ビジネスクラス機内食(離着陸動画つき)

ベトナム航空VN301便ホーチミンシティ行きビジネスクラス空港・航空機材・機内食
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

東京からチェンマイに戻るのだが、今回はまずベトナム航空でホーチミン経由バンコクへ向かう。

最初に搭乗したのは朝9時すぎに成田を出るVN301便だ。

 

早朝東京の自宅を出て成田空港に入り、指定されたデルタ航空の「デルタスカイクラブ」で30分ほど時間をつぶす。

日本式朝食もあり広々として解放的な成田空港デルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」レビュー
ベトナム航空のビジネスクラス搭乗客が利用できる、大きな窓で広々としていて解放感がある成田空港第1ターミナルのデルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」の座席や用意されている飲み物と食べ物などのレビュー

 

この日の搭乗ゲートはラウンジへ通じるエスカレーターのほぼ真ん前だったので、搭乗時刻ちょうどくらいまで滞在し、それからゆっくり支度をしてゲートへと向かった。

ちょうどビジネスクラスの乗客の搭乗が終わったところで、今まさにエコノミークラスの乗客の搭乗が始まろうとしているタイミングだった。

 

ベトナム航空VN301便ホーチミンシティ行きの搭乗風景

 

ベトナム航空の成田とホーチミンシティを結ぶ便はエアバスA350-900型機での運航だ。

 

ベトナム航空VN301便ホーチミンシティ行きのビジネスクラスのキャビン

 

シートが斜めに配置されているリバース・ヘリンボーン型で、もちろんソロシートだ。

 

ベトナム航空VN301便ホーチミンシティ行きのビジネスクラスのシート

 

シートの上には、ギフトのアメニティが置かれていた。

 

ベトナム航空VN301便ホーチミンシティ行きのビジネスクラスでもらったアメニティ

 

チェンマイに戻ってそのまま友人の奥さんにあげてしまったので、中に何が入ってるかはわからない。

 

搭乗前のウエルカムドリンクはシャンパンでもよかったのだが、なぜかアップルジュースを取ってしまった。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たウエルカムドリンク

 

この日のホーチミンシティ行きは、ほぼ定刻に成田空港を離陸した。

 

ベトナム航空の機内から見た東京・成田空港離陸

 

飛行時間に余裕があるからか、メニューはウエルカムドリンクとほぼ同時に配られたが、オーダーは水平飛行に移ってからだった。

メニューに載っていたのは、和食が2種類(牛すき焼き、鮭ちゃんちゃん焼き)とアジアン(海老のレモングラスグリル)、それに洋食の4種類。

以前この便に搭乗した時は和食をいただいたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったため、今回は洋食をリクエストしてみた。

 

テーブルクロスがかけられ、おしぼりが出て食事のはじまり、はじまり。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスのテーブルセッティング

 

食前酒はシャブリ(Premier Cru Vau de Vey2017)。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出た食前酒の白ワイン

 

近年、コスト削減なのか白ワインでシャブリのあるキャリアがどんどん減ってる気がする。

チェンマイでもシャブリはかなりいい値段(ちょっとしたのですぐに1,000THBとか)なので、普段はとても飲めない。

自分はアルコールはたくさんは飲まないのだが、これはちょっとうれしかった。

 

すぐにアミューズ・ブーシュがテーブルの上に置かれた。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たアミューズブーシュ

 

ワインを飲み、アミューズ・ブーシュで一息つくと、前菜が運ばれてきた。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出た前菜全景

 

前菜はメニューに料理名がでていなかったのだが、野菜をローストビーフで巻きピリ辛ソースをかけたもの(生春巻風?)、タイではムーヨーと呼ばれているベトナムソーセージ、茄子のソテーにムースを乗せたものだ。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出た前菜

 

茄子の上に乗ったムースは色こそ派手だったが、味はあまりなかった。

 

サラダについてきたドレッシングが和風なのがいいね。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たサラダ

 

スープはパンプキンスープ。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たパンプキンスープ

 

パンももちろんいただきます。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たパン

 

メインはローストポーク・チポレット風味にフライドポテトとチェリートマト添え。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たメインディッシュ

 

ビーフではないが、肉質、焼き具合、風味付けも申し分なくパクパクといただいてしまった。

 

最後は食後のコーヒー、ということなのだが、なぜかベトナム航空はインスタントコーヒー(メニューにはっきりそう書いてある)とカプチーノしか用意されていないのが残念。

ベトナムで飲むコーヒーはかなりおいしくて現地を旅行する時の楽しみのひとつなのだが、ちょっとクセもあるので機内では出さないのだろうか?

 

インスタントコーヒーは何回も飲んだことがあるので、今回は初めてカプチーノを頼んでみた。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たカプチーノ

 

う~ん、甘い……というか甘すぎる。

メニューには書かれていないが、たぶんこれもインスタント。

普段、機内食の後のコーヒーはおかわりをするのだが、さすがにこれは1杯で十分という感じで水を追加でもらった。

 

カプチーノと一緒に、フルーツとケーキも出された。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たフルーツ

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たケーキ

 

食事を終えると機内の照明が落とされ、窓のシェードを降ろしておやすみタイムとなる。

自分はこの日ムチャクチャ早起きだったのだがなぜかあまり眠くならず、映画を見たりしていた。

 

起きている乗客には、途中で飲み物やアイスクリームのサービスがあった。

 

ストロベリーアイスクリーム コアントローソース。

 

ベトナム航空VN301便ビジネスクラスで出たアイスクリーム

 

機は航路上揺れることもほとんどなく、予定よりも少し早い時刻にベトナムのホーチミンシティ・タンソンニャット空港へと着陸した。

 

ベトナム航空の機内から見たホーチミンシティへの着陸

 

CAに挨拶をして飛行機を降り、トランスファー・エリアで荷物検査などを受けて国際線出発フロアへと出る。

約1時間半ほどの乗り継ぎ時間は往路と同じベトナム航空の「ロータスラウンジ2」で過ごし、バンコク行きのフライトの搭乗ゲートへと向かった。

新たに1階がオープン! ホーチミン空港 ベトナム航空ロータスラウンジ2 レビュー
ベトナムのホーチミンシティ・タンソンニャット空港国際線ターミナル1階にあるベトナム航空ロータスラウンジ2の座席や飲食物のレビュー

 

航空券を探す時、自分まずここで比較検索します

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました