サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

チェンマイのソンクラーン(水かけ祭り)は「ピーマイ・ムアン」と呼ばれ、砂でチェディ(仏塔)を築く

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)仏教行事・イベント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事は、タイ語のレッスンで使用した教材をベースに日本語に翻訳したものです。出典(教材)ならびに翻訳の正確性などについては保証いたしかねますので、あらかじめご承知おきください。

 

北タイの人々は、ソンクラーンをピーマイ・ムアン(ปีใหม่เมือง=都(昔の城壁都市国家)の新年)と呼びます。

ピーマイ・ムアンの習慣は、北タイの人々(ラーンナー人)にとっては大切な習慣です。

北タイの人々は、新しい年に変わる期間とみなします。

ピーマイ・ムアンの習慣は、北タイの人々にとって、例えば次の例のような大切なことがあります。

 

1.ピーマイ・ムアンは年が変わる期間です。
北タイの人々はピーマイ・ムアンにしたがって歳を数えます。
新年になると、もうひとつの1年になり、私たちの年齢ももう1歳増えます。

2.ピーマイ・ムアンは
、自分自身を振り返り警告をする期間です。
なぜなら、年齢が増えるということは、日・世代・肉体が変化することを知らせ警告することです。

3.ピーマイ・ムアンは
、新しい人生を始める期間です。
たくさんの人が、過ぎた1年の中でいくつかの間違いを犯しています。
なので、ピーマイ・ムアンは、新しい人生の1年を始めるためのよい期間です。

4.ピーマイ・ムアンは
、砂のチェディ(仏塔)を築く期間です。
砂のチェディを築く習慣は、タイ国民のお祭りの習慣の中で重要なもののひとつです。
この習慣は、大蔵経の中の菩薩が仏様への崇拝として捧げるために砂のチェディを築くという善行をした、という記述証拠に由来しています。

 

タイ国の中で砂のチェディを築く習慣は、直接仏教に関係のある由来を持つ習慣のひとつとみなされています。

タイ人はこの習慣を仏教の中の因果応報の信仰の教訓として結びつけています。

砂のチェディを築いて寺院に捧げるということには、寺院から出る時に砂や土を足につけてしまっていたものを持って行って砂のチェディという形で返すため、という意味もあります。

そして、善と美徳として仏様への崇拝を捧げるためでもあります。

また、仏様への崇拝の習慣以外にも、昔はコミュニティーの人たちが集まって語り合い、一緒に砂のチェディを築くことが楽しみのひとつであり、コミュニティの団結を強める徳のある計画だったということもありました。

 

*写真は市内中心部、お濠の中の旧市街にある古刹、ワット・チェットリンで撮影しました。

 

 

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)全景

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)用の砂

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)の小旗

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)の頂上部

チェンマイのソンクラーンで作られる砂のチェディ(仏塔)の脇ののぼり

 

ソンクラーンのチェンマイ、ホテルの予約はなるべく早くがおすすめです

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました