サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

【メーサローン】タイ最北部の山中にある中国国民党の落人村の歴史と街の風景

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの村チェンラーイ&ゴールデントライアングル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

中国国民党の落人村メーサローンの歴史

タイ最北部チェンラーイ県の標高およそ1,100mの山の中にある小さな村メーサローン。

今はお茶の産地として有名観光地となっているが、元々は第2次世界大戦後に勃発した中国共産党との内戦に敗れ中国から敗走してきた段希文将軍率いる国民党93師団第5軍の兵士とその家族によって作られた。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの村概観

もっとも、彼らは中国から直接ここに来て移り住んだわけではなく、最初は1949年にミャンマー北部に逃げこんだのだが、国外退去を求められここに移動してきたという(村の周辺には、メーサローンのように観光地化されなかった国民党の残党が暮らす小さな村が至るところにある)。

その後、一部の元兵士とその家族はケシ栽培など麻薬製造および密輸などに携わりながら大陸の中国共産党への反攻に転じることをもくろんでいたものの、最終的には武装解除してタイから居住権を与えられ国籍を取得した。

同じく中国共産党との戦いに敗れた人々が多く住む台湾から援助された木で栽培したお茶をはじめとするさまざまな農業、そして現在は観光業を合わせた2本柱がこの村の経済を支えている。

自分がこのメーサローンを初めて訪れたのは、もう今から31年前の1989年。

当時はまだ麻薬王として名高かったクンサーの影響力が強く、自分たちが宿泊した旅社のようなゲストハウスの入口の壁に貼ってあった大きな地図には、村の裏山の稜線から向こう側は赤く塗られ、大きく「クンサー」と書かれており、宿の主人からも「前の道を山の上から先には絶対に行ってはいけないよ。もっとも、行こうとしてもタイの軍隊がいるから行けないけどね」と固く注意されたのだった。

村に通じているのは、チェンラーイとメーサーイを結ぶ国道沿いにある村の入口にあたるメーチャーンの街からの、まだ舗装も満足にされていない細く険しい道が1本だけしかなく、今では想像もできないだろうが、村の中を馬に乗った隊商が行き来していたほか、野菜などを細々と道端で売っていたアカ族の写真を撮ろうとしたら石を投げられたりするくらいの閉ざされた土地だった。

また、ちょうど天安門事件の直後だったので、村の中のあちらこちらに漢字で事件を非難する貼り紙がしてあったのも強く印象に残っている。

メーサローンの村の天安門事件を非難するポスター

平地から車で1時間半ほど。村は2つに分かれている

現在は、メーチャーンと村とを直接結ぶ道もかなり整備が進み、自分のように自家用車のハンドルを握れば1時間半ほどで着いてしまうほか、メーチャーンからタートーン、ファーンへと通じる国道1089号線が開通し、こちらは道路の状態がずっとよくメーサローンに通じる枝道も距離が短い。

今回は、往路は国道1130号線でメーチャーンから直接メーサローンへと向かい、復路はその国道1089号線を使って国道1号線へと降りる、周回ルートでドライブすることにした。

現在、メーサローンの村の中心は土産物屋やレストラン、学校などが立ち並ぶロータリー風の大きな三差路付近となっているが、このあたりは昔はまさにタイ国軍のバリケードが築かれクンサー支配下のエリアとの「国境」のようになっていた。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの新中心部

昔からの村の中心部は、そこからメーチャーン方面に坂を下った市場やセブンイレブンがある周辺の坂のきつい場所だ。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの7-11
タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの旧中心部

新しい村の中心部周辺は新しい建物ばかりで、買い物や食事をする以外はブラブラ散策してもあまり楽しくはないので、昔ながらの村の雰囲気を感じたければセブンイレブンを目印にして行くとよい。

今も中国の文化を色濃く残す村の旧中心部

セブンイレブンのある周辺は、中国様式をそのまま残す家屋などが今なお建ち並んでいる。

中には旅行者相手の飲食店やゲストハウスにしていたりする建物もあるが、基本的には普通に人が生活している家が中心だ。

どこに行こうとしても平らな道はなく坂ばかりなので歩くのは結構大変だが、ウロウロして見るとこの村の歴史や成り立ちを肌で感じることができるだろう。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの看板
タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの住宅
タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの住宅の扉

中には、古い建物を活かして旅行者相手のカフェを開いているところもある。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの古民家カフェ

大通りから少し奥まった場所にある市場。

タイ最北部のチェンラーイ県メーサローンの市場

早朝、市場の前には山岳民族(主にアカ族)が自分たちの作った野菜を中心に売る露店市が立つので、ここを訪れるのであれば朝の散歩がてらにするとなお楽しいだろう。

ワンボックスカーに乗ってやって来る多くの観光客は新中心部だけに立ち寄って買い物をしたら立ち去ってしまうが、ぜひこの旧中心部をウロウロと歩いてみよう。

クンサーについて知りたければこの一冊!
情報センター出版局
「麻薬王」というキャッチフレーズとはまったく違う、彼の本当の姿が見えてきます

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました