サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です

【チェンマイで暮らす】ロータリーを封鎖して行われる元旦朝の特別タムブン(徳積行)に参加する

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)仏教行事・イベント
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
この記事は、旧サイトにアップしていたのを改訂・移設したものです

チェンマイで新年を迎えるようになった20年以上のうち、ここ最近の10年くらいの元旦の朝は、市内やや北部にあるサンティタムという地区のロータリーで行われるタムブンに参加している。

タムブンは、「タム(積む)」、「ブン(功徳)」という意味で、日本語では「積徳行」と訳されるようだ。

自分がタイを理解するためによく読んでいる「タイ事典」という本によれば、

タイにおける実践仏教の中核をなす観念。<中略>ブンが多いことは、現生的幸福をもたらす原因である。<中略>大方の仏教徒は、あらゆる機会をとらえて自己のブンを増やすことによって幸福を増進しようと努める。タムブンの形態には、僧侶に対する食事の供養、寺院の維持・修復や建立のための金品の寄進、労力奉仕などがある。

とのことである。

タイを深く知りたいなら必携の1冊
めこん
タイに関する地理、歴史、民族、言語、政治、行政などの各分野を概観する「総説」と、五十音順に配列した「項目編」の二部から構成された事典

前日の大晦日は年越しパーティーをしていていたのだが、翌日の朝もこのパーティー会場になっていた家のお友達と一緒にタムブンに参加することになっていたので、その合間に家の中で翌日の準備をする。

近所のミニスーパーで買ってきた、お坊さんの鉢に入れる飲食物などはこんな感じ。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の供物

これを袋に詰めていくのだが、末尾が縁起のよい数字である「9」になるよう全部で19袋作った。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の供物の袋

ちなみに、中に入れているのはインスタントラーメン以外はお菓子や甘い飲み物がほとんど。

が、これにはちゃんと理由があって、お坊さんたちが食べきれなかった供物は2週間後(1月の第2土曜日)にある子供の日に孤児院などの恵まれない子供たちにお寺からプレゼントされることになっているので、そちらに回ってもいいように供物を選んでいるからだ。

前日の夜中1時すぎまでパーティーをして自宅に戻ったためかなり眠かったのだが、朝6時前に起きてシャワーを浴び(タムブンに参加する時は最低顔を洗ったほうがよい。酒気帯びなどはもってのほか)、バイクに乗って会場へと向かった。

ロータリー近くの路上の適当な場所にバイクを止め、お友達に電話をして落ち合う。

着いたのが儀式開始の15分くらい前だったため、もう人がいっぱいだ。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)開始を待つ人々
チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)開始を待つ人々の供物

写真では相当多くの人数に見えるかもしれないが、はっきりとわかるくらい年々参加者は減っている。

そりゃあ今の時代、若い人たちに「来世がよりよいものになるよう徳を積む」って言ったって説得力がぜんぜんないだろうから、葬式などのイベントはともかくこういう自発的な宗教行事にはもう参加しなくなっているのだろう。

前夜、飲んだくれてる人も多いだろうし。

お友達と雑談したり顔見知りと新年の挨拶をしていると、通りの向こうから坊さんがやって来た。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)にやって来た僧侶

お坊さんたちは、ロータリーの中心をぐるりと取り囲むように置かれたイスに座った。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)を始める前の僧侶

読経が始まるまでの間、寺男(?)が喜捨を集めて回る。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の寺男

お寺の関係者かこのエリアの有力者なのかわからないが、初老の男性のアナウンスでタムブンは進行していく。

しばらくすると、読経が始まった。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の読経する僧侶

人々も読経中は手を合わせ、時には一緒に経を唱える。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の読経に合わせ祈る人々

読経は20分ほど続いただろうか。

終わると人々は立ち上がり、真ん中を開けて列を作り始める。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)で列を作る参加者

僧侶たちがこの間を鉢を持って通り、人々が鉢に供物を入れるのだ。

子供たちも供物を持って並ぶ。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の子供たち

托鉢中のお坊さんは裸足だが、供物を入れるほうも裸足だ。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の人々の足

しかし、コンクリートは冷たいので、脱いだサンダルの上に足を乗せるという人も大勢いる(笑)

もしかしたら、足が汚れるのがイヤだというのもあるかもしれないが。

やって来る坊さんにサイバート(直訳すると「鉢に入れる」)する。

【動画】チェンマイ市内の元旦朝の特別タムブン(徳積行)の様子

2018.1.1 チェンマイ市内の新年特別タムブン(托鉢・積徳行)の様子

チェンマイ市内の元旦特別タムブンで供物を受け取る僧侶
チェンマイ市内の元旦特別タムブンで鉢に供物を入れる人
チェンマイ市内の元旦特別タムブンで鉢を持つ僧侶
チェンマイ市内の元旦特別タムブンで鉢を持って歩く僧侶

動画をご覧いただければわかると思うが、けっこう雑然とした雰囲気の中で行われるので、厳かさとか風情とかとはまったく無縁の世界である。

自分の持って来た供物を鉢に入れ終ると、まだタムブンが続いていようがお構いなしに人々はロータリーを離れていく。

そこにいても何の徳も積めないので、当然だ。

なので、最後のほうはこんな風になる。

チェンマイ市内の元旦特別タムブンの最後尾

イスやテーブルもどんどん撤収だ。

チェンマイ市内の元旦特別タムブン(徳積行)の撤収風景

あっという間に、ロータリーはバイクや自動車が騒々しく行きかう、普段の表情を取り戻していった。

しかし、元旦の朝にこういう行事に参加すると、やっぱり気分がいい。

今年1年も、チェンマイ生活が健康のうちに楽しく送れますように……

タイの仏教について知りたいならこちら!
めこん
仏教だけでなく、タイの社会・文化を知る上でもぜひ読んでおきたい1冊です

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました