南西部郊外にあるフュージョン(創作タイ)料理がおもしろいレストラン「バーン・ロム・マイ」

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイその他タイ料理の店
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どんなお店?

チェンマイ南西部郊外にある、一般的なタイ料理からフュージョン(創作タイ)料理まで幅広い味が楽しめる人気レストラン。

もともとはナイトバザールのあるチャーンクラーン通りを南に行ったエンプレスホテル近くのチャーンクラーン・プラザというモールの中にあり観光客にも人気だったのだが、2012年に移転して再オープンした。

 

ロケーション

新店は、以前と対照的に旅行者にとっては行きにくい場所になってしまった。

トンパヨム市場のあるステープ通りとクローンチョンプラターン通りとの交差点から後者を南に1.5kmほど南に行った左手になる。

店の手前400~500mほどのところに英語併記の大きな標識が出ているほか、店の周囲にはほかに大きなレストランはないので迷うようなことはないだろう。

道路沿いにたくさんの自動車が止まっているのが目印になる。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの外観

 

住所:99/6 Moo.5 Chonprathan Road T.Suthep A.Muang
TEL:053-271122

 

バリ島を意識した店内

店の規模は以前も大きかったのだが、郊外に移転したことによってさらにスケールアップした感がある。

 

店の、通りに面した側の半分は土を盛った小さな高台のようになっており、道路から階段状に造られたエントランスを登ると、レンガを積んだ崩れた遺跡風のゲートがある(タイトル下の写真)。

この門柱にはタイ語の店名とともに「Bali」と書かれていることから、インテリアをはじめとする店内のトーンはバリ島を意識しているものと思われる(行ったことがないので、本当にそうなのかはわからないが)。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの噴水

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの入口

 

ゲートを抜けると、広々とした客席スペースが広がっている。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの店内概観

 

左手はいくつかの東屋風のブロックに分かれており、4人がけ、6人がけ、8人がけのテーブルが全部で20ほど置かれているだろうか。

イスやテーブルはすべてラタン製になっており、こんなところが「バリ風」ということなのであろう。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの店内

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのシート

 

奥の突きあたりには小さなステージもあり、時間帯によっては生バンドが入るようになっている。

右側は、エアコンつきのVIPルームの建物になっているが、テーブルは5つほどしかないので、こちらに席を取りたいのであれば、予約したほうがよい。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのVIPルーム

 

さらに奥に進み、階段で高台のスペースを降りると、その先には細長い中庭があり、突き当たりにはカラオケ設備つきの個室が長屋のように10ほどずらりと並んでいる。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの階段

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのパーティールーム

 

旧店でもやはり多くのこうしたパーティールームが造られていたので、それを引き継いだのだろう。

ある程度の人数で気兼ねなく騒ぎたい、などという場合はこちらを予約するといい。

また、中庭部分には50人ほどは座れると思われる大きな東屋の席があり、ここは大人数の団体客のために使われているようだ。

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの団体席

 

レベルの高いフュージョン料理がおもしろい

メニューは英語併記で、ドリンクと食べ物の2冊に分かれている。

後者は、単純な文字のみのものと写真のついたカラフルなものと2種類あるようだ。

写真つきのメニューは、salad、fried、soup、sea bass fish、mullet fish、red tilapia fish、seafood and fish、seafood、stair fried、appetizer、soup and sandwich、main dish、pastaに分類されている。

タイのレストランではしばしば見られるが分類はあまりあてにはならないので、料理をオーダーする時にはまずは一通りざっと目を通してからにしたほうがいいと思う。

メニューの中には一般的なタイ料理だけでなく、フュージョン(創作)料理や洋食も若干混じっている。

アルコールはタイ産だけでなく、ほかの店ではあまり見たことのないヨーロッパのブランドの瓶ビールやフルーツビールがあったりする。

価格的には、一般的な料理で180~300THB、魚料理が250~400THBといったところで、この雰囲気の店としてはまあリーズナブルと言えるのではないだろうか。

 

料理は、全体的に洗練された味付けでレベルが高いが、特に店が移転してからメニューに加わったフュージョン(創作タイ)料理が面白い。

中でも、 本来はインド料理(タイのものは原形からかなりアレンジされてしまっているが)であるロティの中にわさびソースをからめた火の通った鮭を入れて、上にトビコとオリーブの実を乗せたロティ・サーモン、 生のマグロを細かく切ったものにタックライ(レモングラス)や薄切りのキャベツなどを混ぜ合わせてヤム(和え物)にしてあり、非常に洗練された味つけになっているヤム・トゥナー(ツナ)はおすすめだ

 

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのヤムツナ

 

もちろん、普通のどこにでもある料理も十分イケるが、ここに来たら、いくつかフュージョン料理も混ぜてみるといいだろう。

「こういうタイ料理もあるんだ~」と新鮮な驚きを感じることができると思う。

 

パック・トート(野菜のタイ風てんぷら)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイの野菜のタイ風てんぷら

 

プラートート・サムプライ(魚のハーブ揚げ)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのプラートートサムンプライ

 

トートマンクン(海老のすり身のフリッター)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのトートマンクン

 

ゲーン・ノーマイ(タケノコの干し魚だしスープ)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのゲーンノーマイ

 

ゴップトート・クラティアム(カエルのニンニク揚げ)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのゴップトートクラティアム

 

ラープコア・ムー(豚肉の北タイ風唐辛子ハーブ和え)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのラープコアムー

 

クンパオ・クラティアム(手長エビのニンニク焼き)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのクンパオクラティアム

 

トムセープ・ムートゥム(豚ゼラチン質入り東北タイ風唐辛子スープ)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのトムセープムートゥム

 

クンパット・プリックタイダム(エビの黒コショウ炒め)

チェンマイ郊外にあるタイ料理レストラン、バーンロムマイのクンパットプリックタイダム

 

週末は予約したほうがいいかも

交通の便はよくないところにあるので、もし来るのであれば自前の足を用意するかGrabなどの配車(白タク)サービスを使えることが必要だ。

また、店は大変広いがそれでも週末などは満席になることが多いそうなので、日によってはあらかじめ予約しておいたほうがいいだろう。

なお、営業時間は11時~0時、月曜定休となっている。

足の問題さえ解決できるなら、幅広くタイ料理を楽しめる店として旅行者にも広くおすすめできる質の高いレストランだ。

 

夢のAI通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました