チェンマイおよびタイ北部の歴史 概説

チェンマイにある3人の王様記念像チェンマイおよび北タイ史
スポンサーリンク

はじめに

タイの歴史は一般に、タイ人が歴史にはっきりと出現したと見られているスコータイ時代から始まる【注】とされている。

 

しかしながら、タイ北部では、すでにこの時代チェンマイを中心に置くラーンナー(ล้านนา=百万の水田)王国が形成されていたことからもわかる通り、それとは異なる独自の歴史が築かれていたと言えるだろう。

そしてまた、通常1296年にマンラーイ王が当地に建都したことから始まると記されることが多いチェンマイの歴史も、実は石器時代から連なる土着の人々と、現在の中国から断続的に移動してきたタイ系諸民族、さらには交易の要衝としての地理的特性から、ベトナムやインドからこの地に移住した人たちをも含む、実にさまざまな人間たちによって織りなされてきたということが、史料を調べていくとわかってくる。

【注】明石書店「タイの歴史~タイ高校社会科教科書~」P116

 

ラーンナー(百万の水田)王国出現以前

ピン川渓谷は、雲南とチャオプラヤー平原とを結ぶ長い交易ルートの途中にあたる。

鉄器などの考古学的な遺物から、この地域に最初に人間が居住したのは、少なくとも2000年前であると考えられる。

これらの人々は「ラワ」と呼ばれており、後に紀元6世紀~10世紀に栄えたドヴァーラヴァティー王国のモン族にとって代わられた。

モン族は、交易ルート上の広大で豊かな渓谷にハリプンチャイ(ラムプーン)王国を8世紀に建設した。

これが、この地域での最初の文化的に高いレベルの都市国家である。

この豊かな渓谷は、強力なタイ族のリーダーであるマンラーイ王にとっても魅力的なものであり、1296年に彼はハリプンチャイを征服し「新しい(ใหม่=マイ)都(เชียง=チェン)」という名の都市、すなわちチェンマイを建設した。

マンラーイ王は、都市を設立する場所として、典型的なタイ族の都市と同様に、水と森林の豊かな山のふもとを選んだ。

 

マンラーイ王

マンラーイ王は、北タイ先住民であるラワ族でヒラム(ヘランナ)・グン・ヤーンの領主であったラオ・メンを父に、現在の中国雲南省景洪地方にあったタイルー族の領主の娘を母として1239年に生まれた。

父方の始祖はラワ・チャ・カラトと称し、その6代目の領主ラオ・キアンが西暦937年にグン・ヤーンで領土を確保した。

そして、そこからさらに14代目がマンラーイ王の父となる。

なお、タイの書物では現在のチェンセーンをグン・ヤーンであるとするものが多いが、考古学的には決めてはなく、むしろ対岸のラオス領も含めて考えたほうがいいと思われる。

カリスマ的な力を備えていたマンラーイは、急速にその支配力を高め、周辺の小国を征服していった。

支配力の拡大に伴って、彼は1262年にはチェンラーイへ首都を移転、1272年にはファーンにも居住しチェンコーンへの派兵を指揮した。

そして、1276年にはパヤオの強力なリーダー、ガム・ムアン王との同盟を結んだ。

マンラーイ王は、それまで征服した都市よりもさらに豊かで強力な都市国家であるハリプンチャイ(ラムプーン)王国を1281年に手中に収めた。

チェンマイは、ラーンナー(百万の水田)王国の首都として、15世紀までその黄金時代を謳歌した。

その間、この内陸の王国は北タイ、北西ラオス、ビルマのシャン州東部、さらに雲南南部のシップソンパンナー(12の千の田=シーサンパンナ=西双版納)までを支配下に置いた。

王朝の宗教はテーラワーダ仏教で、その影響を受けた豊かな文化が王国内に花開いた。

スポンサーリンク

ラーンナー(百万の水田)王国の衰退と荒廃

しかしながら、ラーンナー王国は、タイのアユタヤ王国と手を組んだビルマのペグー王国のバインナウン王によって征服された。

ラーンナー王国は、14世紀から15世紀にかけてアユタヤ王国と数回にわたって戦争をし、その国力を消耗させた。

王朝内部の王位を巡る争いと圧政によってさらに力が弱まった王朝は、最終的に1558年、バインナウン王の手に落ちた。

その後1558年から1774年までのおよそ2世紀の間、チェンマイはビルマの支配下に置かれた。

その間、チェンマイはビルマのアユタヤ王国との戦いのための前線基地となり、富は食いものにされた。

何度か起こされた反乱も鎮圧された。

最終的に北タイはタイ族のシャム王朝と同盟を結び、ビルマを排除することに成功したが、国力があまりに弱まったため、チェンマイはすっかり打ち棄てられたような状態になってしまった。

 

チェンマイの復興から現代へ

シャム王国のサポートにより、ラムパーンのチャオ・カーウィラはタイヤイ(シャン)族、チェントンのタイケーン族、チェントンの東のムアン・ヨーンのタイヨーン族らとチェンマイの再建に取り組み、公式には1796年に都市が再建された。

今日、チェンマイおよびラムプーンに居住する多くの人々は、チャオ・カーウィラのもとでこの地域に移住してきたこれらの民族の末裔たちである。

シャム王国との同盟によって、チェンマイはその力を高めていった。

19世紀に入ると北部のチークの森に興味を示した西欧諸国の人々が増えていったが、シャム王国のチュラロンコーン(ラマ5世)王がチェンマイの支配権を手に入れた。

19世紀の後半には、西欧諸国の人々に加え、中国からの移民が急速に増加した。

シャム(1949年にタイという名前になった)との経済的な統合は、1921年に鉄道が開通したことにより、さらに堅固なものとなった。

しかしながら、雲南の一地方であるシップソンパンナーのチンホン(景洪)、ビルマのチェントンなど北部都市との間の歴史的な交易ルートは政治的な壁によって、長い間閉ざされた。

そのため、チェンマイは観光都市としての発展を迎える1970~80年代まで、静かな都市としての趣を保ちつづけることができた。

 

1980年代以降、チェンマイは近代都市として消費文化を発展させていった。

バンコクの影響がそれをさらに促進させている。

現在、チェンマイの人口はおよそ150万人に達し、そのうち約20万人が市部に居住している。

チェンマイが建都されて700年が過ぎ、かつてラーンナー王国が勢力範囲においていた中国(雲南)、ビルマ、ラオスなどとの交易ルートの再開も期待されている。

 

物語タイの歴史―微笑みの国の真実
柿崎 一郎
タイの歴史を理解するための書籍としては、自分が読んだ中では最高の1冊。当然チェンマイの歴史についても触れており、「へ~っ、そうだったんだ!」と眼からウロコだったことがいくつも書かれていました

★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました